メインメニューを開く

青藍泰斗高等学校(せいらんたいとこうとうがっこう)は、栃木県佐野市葛生東二丁目にある私立高等学校

青藍泰斗高等学校
Seirantaito High School.JPG
過去の名称 葛生学館
葛生実業学校
葛生農商学校
葛生商業学校
葛生工業学校
葛生高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人永井学園
校訓 誠実なれ
勤勉なれ
規律を守れ
設立年月日 1908年
創立者 永井泰量
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科(男女共学)
総合ビジネス科(男女共学)
総合生活科(女子)
高校コード 09513D
所在地 327-0501
栃木県佐野市葛生東2-8-3

北緯36度24分18.8秒 東経139度36分41.6秒 / 北緯36.405222度 東経139.611556度 / 36.405222; 139.611556座標: 北緯36度24分18.8秒 東経139度36分41.6秒 / 北緯36.405222度 東経139.611556度 / 36.405222; 139.611556
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
青藍泰斗高等学校の位置(栃木県内)
青藍泰斗高等学校

概要編集

学校法人永井学園が運営する。である善増寺の敷地内に所在する。

2005年に「葛生(くずう)高等学校」から現校名に改称。

校名編集

校名の「青藍」は『荀子・観学篇』出典の「青は藍より出でて藍より青し」(弟子や教え子がその先生よりも優れた人になることの例え)」からとられている。「泰斗」は『唐書』出典の「泰山北斗」の略。「泰山」は中国・山東省にある聖なる山、「北斗」は北極星で共に人々から仰ぎ見られる存在であることから、学問・芸術の分野で権威を持ち尊敬される人を意味する。親や教師を超え、その道でなくてはならない存在、社会に役立つ存在になってほしいという意味が込められている[1]

校歌編集

校歌は校名変更に伴い新しく制作し直すこととなり、地元に縁のある作詞家・売野雅勇にプロデュースを依頼。続いて、作曲を売野とのコンビで中森明菜の『少女A』、チェッカーズの『涙のリクエスト』など多くのヒット曲を生み出した芹澤廣明に依頼し完成した。

沿革編集

部活動編集

  • 硬式野球部
    • 葛生高校時代の1990年に第72回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場。初戦の山陽戦で4-1とリードして迎えた9回裏、2死走者なしの場面から4点を取られ逆転サヨナラ負けした[2]
    • 2013年夏は栃木県大会決勝に進出し作新学院と対戦。2-1で迎えた9回表2死走者なし、23年ぶりの甲子園まであとアウト1つの場面から逆転され2-3で敗れた[3]
  • 卓球部
    • 平成26年度全国県予選大会男子団体・個人・ダブルス優勝。インターハイ出場。
    • 平成27年度全国県予選大会女子団体・個人・ダブルス優勝。インターハイ出場。
    • 平成28年度全国県予選大会団体男女アベック優勝(栃木県で34年ぶり)。インターハイ出場。国民体育大会出場。
  • ウエイトリフティング部
    • 平成28年度インターハイ出場(42度目)。関東大会出場(43度目)。
  • 陸上競技部
    • 平成28年度インターハイ出場(5度目)。国民体育大会出場。関東大会出場(8年連続)。
  • 吹奏楽部
    • 平成28年度全国高等学校総合文化祭吹奏楽部門出場。
    • 東関東マーチング大会出場(13年連続)。定期演奏会、地域行事多数出演。
  • その他、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部、書道部、チアダンス・応援サークル、インターアクトクラブ他。

著名な出身者編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集