メインメニューを開く

青銅の基督』(せいどうのきりすと)は、長與善郎1923年(大正12年)に発表した小説である。1955年(昭和30年)に映画化された。

目次

あらすじ編集

江戸時代初期の長崎に萩原裕佐という南蛮鋳物師が住んでいた。裕佐は隠れキリシタンの娘モニカを娶ることを望んでいたが、裕佐がキリシタンでないことからモニカの父親から反対されていた。

裕佐はモニカの兄に誘われ降誕祭ミサに足を運ぶ。そこに、転びバテレンキリシトファ・フェレラが踏み込んできた。

映画編集

青銅の基督
監督 渋谷実
脚本 斎藤良輔
製作 白井和夫
製作総指揮 高村潔
出演者 岡田英次
滝沢修
香川京子
石浜朗
山田五十鈴
音楽 黛敏郎
撮影 長岡博之
編集 杉原よ志
製作会社 松竹京都撮影所
配給 松竹
公開   1955年10月11日
上映時間 126分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『青銅の基督』(せいどうのきりすと)は、1955年(昭和30年)10月11日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は渋谷実モノクロスタンダード、126分。第9回カンヌ国際映画祭で上映された[1]

スタッフ
キャスト

テレビドラマ編集

これまでに2度、テレビドラマ化されている。

TBS系 近鉄金曜劇場(1964年2月14日)
前番組 番組名 次番組
青銅の基督
  • RKB毎日放送制作
奇蹟の女(再放送)
  • TBS制作

脚注編集

  1. ^ La Sélection officielle 1956” (仏語). Festival de Cannes. 2009年3月28日閲覧。

外部リンク編集