メインメニューを開く

青龍寺(せいりゅうじ)は、滋賀県大津市の郊外、比叡山西塔北の谷にある寺院(所在地については後述)。黒谷青龍寺ともいう。法然上人二十五霊場の特別霊場。大黒天出現の地という伝承から、大黒天を安置し、大黒谷と呼ばれていたのが黒谷となったという。京都の金戒光明寺の地を黒谷というようになったことから、元黒谷といわれている。天台宗であるが、浄土宗総本山の知恩院が管理を行っている[1]

青龍寺
Kurodani Seiryuji temple.jpg
所在地 京都府京都市左京区八瀬秋元町946(住所表示は滋賀県大津市坂本本町4220)
位置 北緯35度4分59.2秒
東経135度50分4.4秒
山号 比叡山
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
開基 良源(慈恵大師)
別称 黒谷青龍寺
札所等 法然上人二十五霊場特別霊場
真盛上人二十五霊場第2番
法人番号 9160005000830
青龍寺 (大津市坂本)の位置(京都市内)
黒谷青龍寺
黒谷青龍寺
根本中堂
根本中堂
京都駅
京都駅
テンプレートを表示

歴史編集

比叡山延暦寺は東塔、西塔、横川(よかわ)の3地区に分かれ、それぞれがさらに「○○谷」と称される小地区に分かれる。これらを総称して「三塔十六谷」というが、これらとは別に、「三塔十六谷」に含まれない「別所」が2か所(黒谷、安楽谷)ある。青龍寺はこのうちの黒谷別所に位置する。黒谷は西塔の釈迦堂から北に約1.5㎞離れた山中である[2]。青龍寺の位置は京都府・滋賀県境にまたがる比叡山の京都市側にあり、行政区分のうえでは京都市左京区八瀬秋元町に位置するが、住所の表示は延暦寺と同じく「滋賀県大津市坂本本町4220」となっている。

開基は天台座主良源(慈恵大師、通称元三大師)と伝える。久安6年(1150年法然が18歳のとき、青龍寺の叡空の門に入った。叡空は彼を「法然房源空」と名づけた。法然は承安5年(1175年)43歳のとき浄土宗開宗に至るまで、そこを経典の探求の地とした。織田信長比叡山焼き討ち元亀2年(1571年)により、法然房の建物は燒失した。当時法然の墓もあったという。現在ここには一切経を納める報恩蔵がある。この霊蹟は比叡山延暦寺の好意で、浄土宗総本山知恩院が、昭和42年(1967年)青少年修練道場として再興した。若い世代に念仏信仰を伝えており、浄土宗系の高校などが使用している。

文化財編集

重要文化財
  • 木造維摩居士坐像
  • 木造慈恵大師坐像

以上の2体は延暦寺国宝殿に安置されている[3]

御詠歌編集

「たつ杣(そま)や 南無阿弥陀仏の 声引くは 西にいざなう 秋の夜の月」

「まことより ひらきたまいし のりのはな さかんなれかし あらしふくとも」

所在地・アクセス編集

  • (住所)滋賀県大津市坂本本町4220
  • (実際の所在地)京都府京都市左京区八瀬秋元町946
  • JR京都駅から比叡山バスセンター(根本中堂付近)までバスにて65分。そこから徒歩60分。または比叡山内シャトルバスに乗り換えて「峰道」バス停下車。そこから林道を徒歩約30分。
  • 関係者の自動車だとすぐ近くまで乗り入れることができるが、一般参拝者は通行できないので、「峰道」バス停のある峰道駐車場に駐車し、バスの場合と同じ林道を徒歩約30分。なお、尾根筋にあるドライブウェイの駐車場から谷底にある寺に、急坂を下って向かうことになるので、帰路の方が時間がかかる。
  • 法然上人二十五霊場巡拝などで朱印の押印を求める場合は、予め電話で確認しておかないと、1人しか常駐していない僧侶が買い出しなどで不在の場合もある。長い道を歩いた末に到達できる寺院であるので、要注意。なお、僧侶が駐在している時は、無料で堂内に入ることができる。梵鐘も自由に撞くことができる。
  • 京都バスの「登山口」バス停からの黒谷道という登山道もある。健脚者なら1時間程度で登ることができる。

脚注編集

  1. ^ 比叡山 青龍寺報恩蔵 落慶 | 浄土宗【公式ウェブサイト】
  2. ^ 延暦寺執行局編『比叡山 その歴史と文化を訪ねて』、1993、pp.173, 176
  3. ^ 延暦寺執行局編『比叡山 その歴史と文化を訪ねて』、1993、p.112

参考文献編集

  • 「比叡山三塔古絵図」
  • 「山門名所旧跡記」
  • 「山門堂舎由緒記」

外部リンク編集