静岡大学法経短期大学部

静岡大学法経短期大学部(しずおかだいがくほうけいたんきだいがくぶ、英語: Shizuoka University Junior College of Law and Economics)は、静岡県静岡市大谷836[1]に本部を置いていた日本国立大学である。1952年に設置され、1999年に廃止された。大学の略称は静大法短。学生募集は1995年度まで。1996年度より、静岡大学人文学部夜間主コースへの改組により、法経短期大学部は募集停止され、1999年3月廃止された。

静岡大学法経短期大学部
大学設置/創立 1952年
廃止 1999年
学校種別 国立
設置者 文部省
本部所在地 静岡県静岡市大谷836[1]
学部 法経学科第二部
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 静岡大学法経短期大学部は、1952年公立である静岡法経短期大学 として設置され、1955年に静岡大学に併設されて国立短期大学となった。設置学科は1つのみとなっていた。

教育および研究編集

  • 静岡大学法経短期大学部は、学科名から法律と経済に関する専門科目が一つの学科に置かれていたものとみられる。

学風および特色編集

  • 静岡大学法経短期大学部は、勤労の傍らで学問に勤しむ人々に対する教育を行うことのねらいから夜間部のみが設置されていた。
  • 公立から国立に移管された唯一の短期大学でもある。
  • 合宿研修やスポーツ大会のほか懇親会が行われていた[2]
  • カナダにある大学への留学制度があった[2]
  • 静岡大学自治会は基本的に民青同系の「全日本学生自治会総連合」加盟であったが、法短のみ中核派が存在していた。

沿革編集

  • 1952年 静岡県立静岡法経短期大学(しずおかけんりつしずおかほうけいたんきだいがく)として開学する。法経科Ⅱ部を置く[3]
  • 1955年 公立から国立に移管され静岡大学法経短期大学部となる。法経学科第二部
  • 1995年 最後の学生募集となる:当時の総在学者数は475(うち女子141)となっている[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 静岡県静岡市駿河区大谷836[1]

象徴編集

  • 静岡大学法経短期大学部のカレッジマークは静岡大学と同様に、富士山の絵が描かれていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 『法経論叢』が発行されていた。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 静岡大学人文学部とキャンパスを共同使用していた他、現在は取り壊されたが2階建の所謂「法短校舎」を使用していた。

対外関係編集

系列校編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 学生の大半は勤労学生だったが、一般企業や公務員に就く人もいた。教職課程があったことからも、教育職員に就いた人もいたものとみられる。

編入学・進学実績編集

  • 静岡大学人文学部への編入学制度があった。

関連項目編集

静岡大学法経短期大学部関連書物編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 現在は駿河区大谷836
  2. ^ a b 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)118頁
  3. ^ 入学定員200名
  4. ^ 平成8年度版『全国学校総覧』52頁より

参考文献編集

外部リンク編集