静岡市立登呂博物館

静岡市立登呂博物館(しずおかしりつとろはくぶつかん)は、静岡県静岡市葵区登呂にある登呂遺跡についての博物館である。太平洋戦争中の1943年(昭和18年)7月に軍事工場建設現場で発見された弥生時代の登呂遺跡を紹介し出土品などを展示する。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 静岡市立登呂博物館
Shizuoka City Toro Museum
Toro Site-2.jpg
博物館全景(2018年7月10日撮影)
施設情報
正式名称 静岡市立登呂博物館
前身 静岡考古館
専門分野 登呂遺跡出土資料等を展示
事業主体 静岡市
管理運営 文化財課
開館 1972年(昭和47年)
2010年(平成22年)リニューアルオープン[1]
所在地 422-8033
静岡市駿河区登呂5丁目10番5号
位置 北緯34度57分19.4秒 東経138度24分31.7秒 / 北緯34.955389度 東経138.408806度 / 34.955389; 138.408806座標: 北緯34度57分19.4秒 東経138度24分31.7秒 / 北緯34.955389度 東経138.408806度 / 34.955389; 138.408806
外部リンク www.shizuoka-toromuseum.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

博物館は遺跡公園である「登呂公園」内にあり、1955年(昭和30年)に開館した「静岡考古館」を前身として1972年(昭和47年)に開館した。なお現在の建物は2010年(平成22年)に全面リニューアルオープンしたものである[2]

施設編集

1階の弥生体験展示室は入館無料で弥生時代の復元装束を着たり、復元農具や土器に触れたり出来る体験型施設である。図書コーナーやミュージアムショップもある。

2階は有料で、常設展示室と、年4回の企画展を開催する企画展示室がある。

屋上テラスからは登呂公園の復元集落や水田を見渡せる[3]

屋外では、市民参加型の水田での米づくり体験や企画展示の関連講演会、 夏休みイベントなどを開催している。

その他編集

ギャラリー編集

営業情報編集

アクセス編集

  • JR静岡駅南口22番乗り場より
    • 静鉄バス石田街道線『登呂遺跡』行き乗車約10分。終点下車。
    • 静鉄バス石田街道線『東大谷』行き『久能山下』行き乗車。『登呂入口』下車し徒歩5分。

料金・開館時間編集

  • 一般:300円(30人以上の団体220円)。5回分の回数券1400円。芹沢銈介美術館との共通券580円(30人以上の団体460円)。
  • 大学・高校生:200円(30人以上の団体150円)。5回分の回数券930円。芹沢銈介美術館との共通券360円(30人以上の団体280円)。
  • 中学生以下:50円(30人以上の団体40円)。5回分の回数券230円。芹沢銈介美術館との共通券120円(30人以上の団体90円)。
  • 開館:9時~16時30分。
  • 休館:月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・臨時休館日。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集