静岡県小笠山総合運動公園スタジアム

日本の静岡県袋井市にある陸上競技場
小笠山総合運動公園 > 静岡県小笠山総合運動公園スタジアム

静岡県小笠山総合運動公園スタジアム(しずおかけんおがさやまそうごううんどうこうえんスタジアム、英語: Ogasayama Nature and Sports Park Stadium)は、静岡県袋井市小笠山総合運動公園にある多目的競技場。陸上競技場球技場として主に使用される。

静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
エコパスタジアム
エコパスタジアム
静岡県小笠山総合運動公園スタジアムの位置(静岡県内)
静岡県小笠山総合運動公園スタジアム
施設情報
所在地 日本の旗静岡県袋井市愛野2300-1
位置 北緯34度44分35.55秒 東経137度58分13.83秒 / 北緯34.7432083度 東経137.9705083度 / 34.7432083; 137.9705083座標: 北緯34度44分35.55秒 東経137度58分13.83秒 / 北緯34.7432083度 東経137.9705083度 / 34.7432083; 137.9705083
起工 1998年3月[1]
開場 2001年3月26日[1]
所有者 静岡県
運用者 静岡県サッカー協会グループ
グラウンド 天然芝(106 m × 72 m)
ピッチサイズ 105 m × 68 m
大型映像装置 2基
建設費 292億5493百万円[1]
設計者 佐藤総合計画・斎藤公男JV[1]
建設者 鹿島・竹中・若杉・丸明JV[1]
住友・戸塚JV[1]
大林・木内・須山・川島JV[1]
銭高・石川JV[1]
大平・岡田・明管JV[1]
西原・浅岡・永井JV[1]
浅岡工業[1]
トーエネック[1]
明光・池戸JV[1]
新生・前島・川北JV
使用チーム、大会
NEW!!わかふじ国体
静岡国際陸上競技大会
ジュビロ磐田(Jリーグ、不定期)
全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会
主な大会
2002 FIFAワールドカップ
ラグビーワールドカップ2019
キリンチャレンジカップ
収容人員
50,889人
アクセス
#アクセスを参照。
静岡県小笠山総合運動公園スタジアム

愛称は、エコパスタジアム静岡スタジアム エコパ(しずおかスタジアム エコパ、英語: Sports Park ECOPA)。「エコパ (ECOPA)」は、小笠山に近いことから「山彦」を意味する「Echo」と、友達・仲間、地域・自然との共生を図るという意味合いを込めて「友」を意味する「Pal」から合成した造語である。

施設は静岡県が所有し、静岡県サッカー協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。日本グランプリシリーズである静岡国際陸上競技大会日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するジュビロ磐田がホームゲームの一部を開催している。

歴史編集

2001年、袋井市と掛川市の市境付近で整備が進められていた小笠山総合運動公園内に完成。

2001年5月12日、スタジアムのこけら落としとして、J1リーグ・ファーストステージ第9節の清水エスパルスvsジュビロ磐田が開催された。観衆52,959人は当スタジアム最多観客動員である。

2002年2002 FIFAワールドカップの会場となり、6月11日6月14日6月21日に3試合開催された。メインスタンドには、FIFAワールドカップ開催スタジアムであることを示す「FIFA WORLD CUP/SHIZUOKA」と記されたレリーフが設けられている。

2003年第58回国民体育大会「NEW!!わかふじ国体」のメインスタジアムとして使用された。

2006年4月1日、静岡県サッカー協会を中心とする企業体が指定管理者となった。

2015年11月28日、初めてジャパンラグビートップリーグの試合が行われた。

2016年1月、ラグビーワールドカップ2015で活躍したヤマハ発動機ジュビロの選手、五郎丸歩の銅像が1階エコパスポーツミュージアムに設置される。コンバージョンキックを狙う手をあわせたポーズ。

2016年4月22日、国際陸上競技連盟 (現ワールドアスレティックス) クラス2の公認を受ける。

2017年6月17日、ラグビー日本代表 vs アイルランド代表が開催される。駐車場からバスで輸送するパーク&ライドを実施するなど、ラグビーワールドカップ 2019 を見据えた運営を行った。

2017年11月2日、ラグビーワールドカップ 2019 日本大会の試合日程が決まり、本スタジアムで4試合開催されることとなった。

2019年9月28日、ラグビーワールドカップ2019 プールAの日本 vs アイルランド戦が開催され、日本が 19-12 で勝利を収めた[2]。観客動員数は47,813人。世界ランキング9位の日本が、2位アイルランドを倒した大金星となる試合を、フランスAFP通信など海外メディアは「Shizuoka shock(静岡の衝撃)」と呼んだ[3][4][5]

2020年9月27日、ラグビーワールドカップ2019で日本が活躍した記念に、「シズオカ・ショックパネル展」がオープン[6]。また、活躍した福岡堅樹選手のブロンズ像がスタジアム正面の広場に設置された[6]。アイルランド戦でトライを決めた瞬間をモチーフにしている。

2020年インターハイ陸上競技の開催が予定されていた[7] が、新型コロナウイルス感染症への対応のため、中止となった。

2022年9月、ラグビーワールドカップ2019開催3周年イベント「SHIZUOKA SHOCK」が開催された[8]

施設概要編集

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • 国際陸上競技連盟 (現ワールドアスレティックス) クラス2 公認
  • トラック:全天候舗装、400 m×9レーン
    • 2004年以降、Jリーグ公式戦や国際Aマッチなどでは、ピッチの四隅がトラックに掛かるため、当該箇所に人工芝を仮に敷設する処理を行う場合がある。
  • フィールド:天然芝
  • 照明設備:屋根と一体化
  • スコアボード:大形映像装置2基(両ゴール裏サイド)
  • 収容人員:全席2層式による50,889人。このうち最前列は5,236人分の可動座席となっており、サッカーやラグビーの国際試合やJリーグの試合でも特に集客の見込める試合のみで使用される。固定客席数は45,653席。
  • 構造:屋根は波打つ形状の膜屋根で、天秤式の片持ち梁構造をとっている。ピン支持された鉄骨の骨組は客席方向に張り出し、その荷重をケーブルで支えることによって成り立つテンセグリック構造となっている。

開催実績編集

定期開催編集

不定期開催編集

過去に開催されたイベント編集

アクセス編集

鉄道編集

自動車編集

その他編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「静岡スタジアム エコパ」『近代建築社』2001年9月。
  2. ^ "日本再び衝撃の大金星!世界2位アイルランド撃破". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 27 September 2018. 2018年9月28日閲覧
  3. ^ 'Shizuoka shock' - hosts Japan shock Ireland at Rugby World Cup” (英語). sports.yahoo.com. 2023年1月5日閲覧。
  4. ^ 【楕円球のある光景】「SHIZUOKA SHOCKと安堵」2019年ラグビーワールドカップ 日本vsアイルランド” (日本語). news.jsports.co.jp. 2023年1月5日閲覧。
  5. ^ 日本大金星を「シズオカの衝撃」と海外メディア命名「『ブライトンの奇跡』に加えた」” (日本語). THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュース・コラム. 2023年1月5日閲覧。
  6. ^ a b 福岡堅樹の記念碑、「静岡ショック」与えたスタジアムに:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2020年9月27日). 2023年1月5日閲覧。
  7. ^ 分散開催の20年高校総体 陸上競技、静岡県で実施 静岡新聞・静岡放送
  8. ^ ラグビーワールドカップ2019開催3周年イベント『SHIZUOKA SHOCK』開催のお知らせ” (日本語). 一般社団法人静岡県ラグビーフットボール協会. 2023年1月5日閲覧。
  9. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会・10000m:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations”. 日本陸上競技連盟. 2021年7月15日閲覧。
  10. ^ a b c アクセス 公式サイト 2013年7月8日閲覧

参考文献編集

  • 日本の構造技術を変えた建築100選(日本建築構造技術者教会編・彰国社)

外部リンク編集

先代
春野総合運動公園陸上競技場
高知市
国民体育大会
主競技場

NEW!!わかふじ国体
次代
熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
熊谷市