静岡県立浜松西高等学校・中等部

静岡県浜松市中区にある中高一貫校

静岡県立浜松西高等学校・中等部(しずおかけんりつ はままつにしこうとうがっこう・ちゅうとうぶ、: Shizuoka Prefectural Hamamatsu-Nishi Senior and Junior High Schools)は、静岡県浜松市中区西伊場町にある県立併設型中高一貫校

静岡県立浜松西高等学校
静岡県立浜松西高等学校中等部
正門(東坂)
過去の名称 静岡県立浜松第二中学校
静岡県立浜松第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 静岡県の旗 静岡県
学区 全県学区
校訓 知:高い知性
仁:豊かな心
勇:たくましい力
設立年月日 1924年4月4日(浜松二中)
2002年4月1日(中等部)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 22170J
所在地 432-8038
静岡県浜松市中区西伊場町3番1号

北緯34度42分4.8秒 東経137度42分35.0秒 / 北緯34.701333度 東経137.709722度 / 34.701333; 137.709722座標: 北緯34度42分4.8秒 東経137度42分35.0秒 / 北緯34.701333度 東経137.709722度 / 34.701333; 137.709722
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
校舎(南館・北館)

概要編集

1924年創立の旧制浜松二中を前身とする公立高校である。初代校長は英語学者の松田与惣之助。「知・仁・勇」を校訓に掲げ、英国の名門パブリックスクールであるイートン校を手本に「ヤング・ジェントルマン」の育成を目指した。2002年に中等部を設置した。 オリンピック選手、東証1部社長、そしてノーベル賞受賞者を輩出した県内有数の名門校である。

校章編集

現行の校章は三種の神器の一つ、八咫鏡(やたのかがみ)の中心に「高」(中等部については「中」)の文字を配し、さらにその文字の周り上下左右に4本のペン先を外側に向けて配する。太平洋戦争以前の校章においては現在ペンとされる象形は草薙剣を表し、「高」の文字の代わりに八坂瓊勾玉が配され三種の神器の全てが象られていた[1]

校歌編集

公式サイトで聴くことができる。

  • 制定 - 1931年4月
  • 作詞 - 内野徳治
  • 作曲 - 県善三郎

制服編集

中等部設置以前は、男子生徒は黒の詰襟学生服であったが、所謂金ボタンではなく、校歌(銀曇りなき大洋や)に因み、銀ボタンであり、それが西高生の誇りであった。 現在、制服は中・高同じデザインである。中等部の設置に伴い女子夏服以外の制服が一新された。冬服は2002年4月よりトンボ (VARSITYMATE)のブレザーにノーネクタイスタイルとなっており、靴はローファーが準指定となっている。夏服は、男子は冬服と同じスタイル(ジャケットなし)か、半袖の開襟シャツ。女子は明石被服興業によるセーラー服で、大きな白いセーラー襟に、紺の縁取りラインが入っている。スカーフはなく、小さな紺のリボンが付いている。

略称編集

'浜西‘(はまにし)、旧浜松市域[2]では西高(にしこう)と略称される。 中等部に限定した場合は西高中等部、浜松市内では西中(にしちゅう[3])とも呼ばれる。

沿革編集

教育目標編集

高い知性、豊かな人間性、社会貢献への高い志とたくましい力を持ち、国際社会においてリーダーとして輝ける人材の育成を目指す。

中高一貫教育編集

2002年に中高一貫教育を開始した。数学と英語において少人数指導を実施しており、数学では検定外教科書『体系数学』を使用している。

志願倍率編集

年度 募集定員 志願者数 志願倍率
2018年度 160名 392名 2.45倍
2017年度 160名 344名 2.15倍
2016年度 160名 464名 2.90[4]
2015年度 160名 511名 3.19[5]
2014年度 160名 493名 3.08[6]
2013年度 160名 514名 3.21[7]
2012年度 160名 542名 3.39

学校行事編集

4月
入学式
遠足
5月
チャレンジセミナー(中1)
6月
文化祭「彩西祭」
7月
コーラスコンクール
8月
9月
体育祭
10月
薬学講座
11月
宿泊研修(中1・中2)
研修旅行(中3・高2)
文化講演会
開校記念講演会
12月
球技大会(高)
1月
百人一首大会(中)
中等部入試
2月
マラソン大会
総学発表会(中)
3月
卒業式
球技大会(中・高)

部活動編集

運動部編集

  • 弓道部(高)
    第29回全国高校総体男子団体優勝(高)
  • 剣道部(中・高)
  • 硬式テニス部(男・女)(中・高)
    全国大会出場(中)
    全国高校総体出場(高)
  • サッカー部(中・高)
  • 柔道部(中・高)
    全国大会出場(中男子)
  • 水泳部(中・高)
    全国大会出場(中)
    全国総体出場(高)
  • ソフトテニス部(中男子)
  • 卓球部(中・高)
  • バスケットボール部(男・女)(中・高)
    全国総体出場(高男子)
  • ボート部(高)
    全国総体出場(高)
    国体出場(高)
  • 野球部(中・高) 
    第63回全国高等学校野球選手権大会出場
  • 陸上競技部(中・高)
    全国大会出場(中)
    全国総体出場(高)
    国体出場(高)

文化部編集

  • 囲碁・将棋部(高)
  • 演劇部(高)
  • 科学部(中・高)
    • 生物班
    • 化学班
    • 工学班
  • 家庭部(高)
  • 弦楽部(中・高)
    中等部コンサート(弦楽部・吹奏楽部合同、9月)
    定期演奏会(3月)
    日本学校合奏コンクール郡山市長賞受賞(高)
  • 国際文化部(高)
  • 写真部(高)
  • 吹奏楽部(中・高)
    全日本アンサンブルコンテスト全国大会出場(高)
    全日本吹奏楽コンクール東海大会出場(高)
    中等部コンサート(弦楽部・吹奏楽部合同、9月)
    定期演奏会(3月)
  • 美術部(中・高)
  • 百人一首部(高)

アクセス編集

著名な関係者編集

出身者編集

政治・官僚

学術

経済

文化・芸能

スポーツ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 校章の由来”. 浜松西高等学校同窓会. 2016年3月6日閲覧。
  2. ^ 浜松市と合併した旧浜北市内には静岡県立浜北西高等学校が存在する。
  3. ^ 西部中学校の略称は西中(せいちゅう)であり、注意を要する。
  4. ^ 平成28年度入学者選抜志願状況 (PDF)”. 静岡県教育委員会. 2016年3月4日閲覧。
  5. ^ 平成27年度静岡県立高等学校中等部入学者選抜の志願状況”. 静岡県教育委員会. 2016年3月4日閲覧。
  6. ^ 平成26年度静岡県立高等学校中等部入学者選抜の志願状況”. 静岡県教育委員会. 2016年3月4日閲覧。
  7. ^ 平成25年度静岡県立中学校入学者選抜の志願状況”. 静岡県教育委員会. 2016年3月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集