メインメニューを開く

静岡県道11号熱海函南線

日本の静岡県の道路

静岡県道11号熱海函南線(しずおかけんどう11ごう あたみかんなみせん)は、静岡県熱海市から田方郡函南町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
静岡県道11号標識
静岡県道11号 熱海函南線
主要地方道 熱海函南線
起点 熱海市中央町【地図
終点 田方郡函南町塚本【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0135.svg 国道135号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道20号標識
静岡県道20号熱海箱根峠線
Japanese National Route Sign 0136.svg 国道136号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

熱海市と函南町を結ぶ県道で、標高617 mの熱海峠を越える旧道と、全長1,268 mの鷹ノ巣山トンネルを通過する新道で構成される。新道区間は、静岡県道路公社の管理運営による有料道路(普通車通行料300円)だったが、1997年平成9年)に無料化された。

函南町側の旧道は1車線区間も長く道幅も細い。また外灯も少なく植林に覆われ昼でも薄暗い。熱海市側は急坂になっているため、しばしば、フットブレーキの使いすぎによる過熱で、ベーパーロック現象を起した自動車が重大死傷事故を起している。よって、それを防止するために、エンジンブレーキを使って坂を降りるようにとの、注意を促す標識が沿道に散見される。

また、下り坂区間にはブレーキ故障車用の待避所が数か所設けられている。

路線データ編集

 
起点

歴史編集

路線状況編集

別名編集

  • 熱海街道
  • 熱函道路新道区間
  • 熱函街道
  • あたみ梅ライン(急坂区間)

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
函南町丹那
  • 国道135号(熱海市中央町・中央町交差点、起点)
  • 静岡県道20号熱海箱根峠線(熱海市福道町・福道町交差点)
  • 静岡県道11号熱海函南線 旧道・静岡県道20号熱海箱根峠線(熱海市熱海・笹尻交差点)
  • 静岡県道135号田原野函南停車場線(田方郡函南町畑)
  • 静岡県道135号田原野函南停車場線(田方郡函南町丹那)
  • 静岡県道11号熱海函南線 旧道(田方郡函南町平井・平井交差点)
  • 静岡県道135号田原野函南停車場線(田方郡函南町平井・函南駅入口)
  • 静岡県道136号函南停車場反射炉線(田方郡函南町平井)
  • 国道136号(田方郡函南町大土肥・熱函入口交差点)
  • 国道136号(田方郡函南町間宮・大場川南交差点、終点)
旧道
  • 静岡県道11号熱海函南線・静岡県道20号熱海箱根峠線(熱海市熱海・笹尻交差点)
  • 静岡県道20号熱海箱根峠線(田方郡函南町桑原)
  • 静岡県道11号熱海函南線(田方郡函南町平井・平井交差点)桑原

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集