メインメニューを開く

静岡県道16号下田石廊松崎線

日本の静岡県の道路

静岡県道16号下田石廊松崎線(しずおかけんどう16ごう しもだいろうまつざきせん)は、静岡県下田市を起点とし、賀茂郡南伊豆町を経由して、賀茂郡松崎町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
静岡県道16号標識
静岡県道16号 下田石廊松崎線
主要地方道 下田石廊松崎線
起点 下田市武ガ浜【地図
終点 賀茂郡松崎町江奈【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0136.svg 国道136号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
静岡県道16号下田石廊松崎線とユウスゲ公園駐車場

目次

概要編集

伊豆半島南部の海岸線沿いに周遊する道路で、下田市中心市街の新下田橋東側から、伊豆半島最南端の石廊崎付近を経て、西海岸側の松崎町江奈の宮の前橋交差点に至る県道で、主要地方道にも指定されている。主な通過地は、下田市吉佐美、賀茂郡南伊豆町湊・石廊崎・入間・一色・妻良・子浦、松崎町雲見・石部・岩地・道辺である。起点側と終点側の大部分は国道136号と重複しており、単独区間となる実延長区間は南伊豆町内の国道から分岐する湊 - 入間(差田交差点)間である。

路線データ編集

歴史編集

路線状況編集

整備の行き届いた2車線道路(片側1車線)で、交通量は少ない[2]。下田市街地のはずれから松崎町の入口まで県道16号と国道136号重複区間とを走りつないでいくと、約40 kmにわたり信号機はひとつも設置されていない[2]

別名編集

  • マーガレットライン
    かつての有料道路で正式名称は南伊豆道路。国道136号と重複する子浦から雲見までの区間を指す[2]
  • 富士見彫刻ライン
    松崎町雲見 - 松崎間の西南海岸沿いの区間で、道路上に二十数体の彫刻像が建ち並んでいることからアートラインともよばれている[2]

重複区間編集

賀茂郡南伊豆町湊・日野交差点から賀茂郡南伊豆町入間・差田交差点の区間だけが単独区間となっており、それ以外の区間は国道136号と重複する。距離は36.236 kmにもわたり、重複区間での案内標識は存在しない。

  • 国道136号(下田市武ガ浜 - 賀茂郡南伊豆町湊・日野交差点)
  • 国道136号(賀茂郡南伊豆町入間・差田交差点 - 松崎町・宮の前橋交差点)

地理編集

沿線には、弧を描く砂浜海岸の弓ヶ浜、奇岩と断崖が続く石廊崎やあいあい岬と、入江には石廊崎・三崎などの漁港が点在する美しい海岸風景が見られる[2]

通過する自治体編集

交差する道路編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ a b c d e 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 62.

参考文献編集

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく『絶景ドライブ100選[新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8

関連項目編集

外部リンク編集