メインメニューを開く

静岡連隊区(しずおかれんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。前身は静岡大隊区である。当初は静岡県の一部、後に同県全域の徴兵召集兵事事務を取り扱った。神奈川県の一部を管轄した時期もあった。実務は静岡連隊区司令部が執行した。1945年(昭和20年)、同域に静岡地区司令部が設けられ、地域防衛体制を担任した。

沿革編集

1888年(明治21年)5月14日、大隊区司令部条例(明治21年勅令第29号)によって静岡大隊区が設けられ、陸軍管区表(明治21年勅令第32号)により静岡県の一部が管轄区域に定められた。第3師管第5旅管に属した。この時、静岡県の残り区域は豊橋大隊区に属していた。

1896年(明治29年)4月1日、静岡大隊区は連隊区司令部条例(明治29年勅令第56号)によって連隊区に改組され、旅管が廃止となり第3師管に属した[1]

1903年(明治36年)2月14日、改正された「陸軍管区表」(明治36年勅令第13号)が公布となり、再び旅管が採用され連隊区は第3師管第17旅管に属した。

日本陸軍の内地19個師団体制に対応するため陸軍管区表が改正(明治40年9月17日軍令陸第3号)となり[2]1907年(明治40年)10月1日、浜松連隊区などを創設し、管轄区域の大幅な変更が実施され、また、第15師管第29旅管の所属となった。

司令部は庁舎修繕のため1910年12月3日に歩兵第34連隊兵営内に移転[3]1911年3月25日、庁舎修繕工事竣工により司令部が復帰[4]

1925年(大正14年)4月6日、日本陸軍の第三次軍備整理に伴い陸軍管区表が改正(大正14年軍令陸第2号)され[5]、同年5月1日、旅管は廃され再び第3師管の所属となり、管轄区域の変更が行われた。

1940年(昭和15年)8月1日、静岡連隊区は中部軍管区名古屋師管に属することとなった[6]1941年(昭和16年)4月1日、管轄区域が変更され、静岡県全域の管轄となった[7]

1945年2月11日、名古屋師管は新設の東海軍管区に所属が変更された[8]。同年には作戦と軍政の分離が進められ、軍管区師管区に司令部が設けられたのに伴い、同年3月24日、連隊区の同域に地区司令部が設けられた[9]。地区司令部の司令官以下要員は連隊区司令部人員の兼任である。同年4月1日、名古屋師管は名古屋師管区と改称された[10]

管轄区域の変遷編集

1888年5月14日、陸軍管区表(明治21年勅令第32号)が制定され、静岡大隊区の管轄区域が次のとおり定められた。

  • 静岡県
安倍郡有渡郡志太郡益津郡榛原郡駿東郡佐野郡城東郡周智郡富士郡庵原郡賀茂郡那賀郡君沢郡田方郡

1896年4月1日、連隊区へ改組された際に静岡市を管轄区域に加えた[1]。同年、郡制施行によるの統廃合により陸軍管区表が改正[11]され、1897年(明治30年)4月1日に安倍郡・有渡郡を安倍郡に、志太郡・益津郡を志太郡に、佐野郡・城東郡を小笠郡に、賀茂郡・那賀郡を賀茂郡に、君沢郡・田方郡を田方郡に変更した。変更後の管轄区域は以下のとおり。

  • 静岡県
静岡市・安倍郡・志太郡・榛原郡・駿東郡・小笠郡・周智郡・富士郡・庵原郡・賀茂郡・田方郡

1907年10月1日、浜松連隊区などが新設されたことに伴い、管轄区域が陸軍管区表(明治40年9月17日軍令陸第3号)により次のとおり定められた。志太郡・榛原郡・小笠郡・周智郡を浜松連隊区へ移管した。

  • 静岡県
静岡市・駿東郡・富士郡・庵原郡・安倍郡・田方郡・賀茂郡

1920年(大正9年)8月10日、甲府連隊区から神奈川足柄上郡足柄下郡を編入した[12]

1925年5月1日、陸軍管区表の改正(大正14年4月6日軍令陸第2号)に伴い浜松連隊区が廃止され、旧浜松連隊区から静岡県志太郡を編入し、神奈川県区域を甲府連隊区へ移管した。また、沼津市清水市を加えた。変更後の管轄区域は以下のとおり。

  • 静岡県
静岡市・沼津市・清水市・安倍郡・庵原郡・富士郡・駿東郡・田方郡・賀茂郡・志太郡

1937年(昭和12年)7月19日、熱海市を区域に加えた[13]

1941年4月1日、豊橋連隊区から浜松市浜名郡引佐郡磐田郡・榛原郡・小笠郡・周智郡を編入し、静岡県全域の管轄となった[7]。その後、廃止されるまで変更はなかった。

司令官編集

静岡大隊区
  • (心得)白井已胤 歩兵大尉:1888年5月14日 -
  • 湯川春尚 歩兵少佐:不詳 - 1895年9月28日[14]
  • 中谷直温 歩兵少佐:1895年9月28日[14] - 不詳
静岡連隊区
  • 伊藤一幸 後備歩兵少佐:1900年1月1日 -
  • 倉橋愛橘 歩兵少佐:1900年10月6日 - 1901年4月1日
  • 倉橋愛橘 後備歩兵少佐:1901年4月1日 - 10月12日死去
  • 菊地節蔵 歩兵中佐:1901年10月29日 - 1902年11月1日
  • 川口清俊 歩兵少佐:1902年11月1日 -
  • 中野広 歩兵中佐:1906年3月1日 - 1907年3月15日
  • 遠藤伸二郎 歩兵中佐:1907年3月15日 - 1908年12月21日
  • 中井与三 歩兵少佐:1908年12月21日 - 1910年10月1日
  • 小野田一 歩兵少佐:1910年10月1日 - 1912年3月8日
  • 沓谷栄輔 歩兵中佐:1912年3月8日 - 12月26日
  • 岡田重久 歩兵中佐:1912年12月26日 - 1914年5月11日
  • 大枝徤介 歩兵大佐:1914年5月11日 - 1915年4月21日
  • 石関毅 歩兵大佐:1915年4月21日 - 8月10日
  • 松崎新太郎 歩兵中佐:1915年8月10日 -
  • 武昌治 歩兵大佐:不詳 - 1919年7月25日
  • 菅原佐賀衛 歩兵大佐:1919年7月25日 - 1921年7月20日[15]
  • 大海友次郎 歩兵大佐:1921年7月20日[15] - 1922年8月15日[16]
  • 西谷幸吉 歩兵大佐:1922年8月15日[16] - 1923年8月6日[17]
  • 芦川良治 歩兵大佐:1923年8月6日[17] -
  • 相良巳都磨 歩兵大佐:不詳 - 1932年8月8日[18]
  • 山本寿美 歩兵大佐:1932年8月8日[18] -

脚注編集

  1. ^ a b 陸軍管区表(明治29年3月16日勅令第24号)
  2. ^ 『陸軍軍戦備』57-58頁。
  3. ^ 『官報』第8240号、明治43年12月8日。
  4. ^ 『官報』第8329号、明治44年3月31日。
  5. ^ 『陸軍軍戦備』101頁。
  6. ^ 陸軍管区表(昭和15年7月24日軍令陸第20号)
  7. ^ a b 陸軍管区表(昭和15年8月21日軍令陸第23号)
  8. ^ 陸軍管区表(昭和20年1月22日軍令陸第1号)
  9. ^ 『陸軍軍戦備』480頁。
  10. ^ 陸軍管区表(昭和20年2月9日軍令陸第2号)
  11. ^ 明治29年12月4日勅令第381号
  12. ^ 陸軍管区表(大正9年8月7日軍令陸第10号)
  13. ^ 陸軍管区表(昭和12年7月19日軍令陸第4号)
  14. ^ a b 『官報』第3679号、明治28年10月2日。
  15. ^ a b 『官報』第2692号、大正10年7月21日。
  16. ^ a b 『官報』第3013号、大正11年8月16日。
  17. ^ a b 『官報』第3306号、大正12年8月7日。
  18. ^ a b 『官報』第1683号、昭和7年8月9日。

参考文献編集