メインメニューを開く

静帝(せいてい)は、北朝北周の第5代皇帝。姓は宇文(せん)。もとの諱は(えん)。

静帝 宇文闡
北周
第5代皇帝
王朝 北周
在位期間 579年4月1日 - 581年3月4日
姓・諱 宇文衍→宇文闡
諡号 静皇帝(文帝による)
生年 建徳2年(573年)6月
没年 開皇元年閏3月22日
581年5月11日
宣帝
天皇后
后妃 司馬令姫
陵墓 恭陵
年号 大象 : 579年 - 580年
大定 : 581年

生涯編集

建徳2年(573年)6月、長安東宮に、皇太子であった宣帝宇文贇の長男として、后の一人朱満月を母として生まれた。大成2年(579年)1月、魯王に封ぜられて間もなく皇太子に立てられた。2月、わずか7歳で宣帝から譲位された。宣帝が天元皇帝を称したため、静帝は正陽宮を称した。幼少のため、嫡母の天元皇太后の父である丞相随国公の楊堅が輔弼した。

宣帝の代に既に弱体化していた北周であるが、静帝の代には申州刺史李恵や皇族の邵国公宇文冑宇文顥の長男の宇文什肥の子)などが挙兵し、国内に混乱が見られた。事態を収拾できない静帝は大定元年(581年)2月に隋王楊堅に帝位禅譲を迫られ、北周は滅亡した。退位後の宇文闡は介国公に封じられたが、翌月に文帝楊堅により殺害された。享年9。

宗室編集

后妃編集

先代:
宣帝
北周の第5代皇帝
579年 - 581年
次代:
滅亡