静忠(じょうちゅう、建久元年(1190年)- 弘長3年10月2日1263年11月4日))は平安時代後期から鎌倉時代中期にかけての天台宗の僧。関白近衛基通の庶子。西院を号した。

正治3年(1201年)10月に円忠に従って出家[1]権僧正に昇り、嘉禎元年12月(1236年1月)に園城寺長吏に補任。嘉禎2年(1236年)3月、権法務に任じられた。また、寛元3年(1245年)3月10日、後嵯峨天皇護持僧となり、牛車を聴された[2]。4日後の14日には護持僧として五壇法を修した。

弘長3年に74歳で入寂した。

脚注編集

  1. ^ 猪隈関白記正治3年2月26日、同年10月11日条
  2. ^ 続群書類従』「護持僧次第後嵯峨院