メインメニューを開く
国道414号標識

静浦バイパス(しずうらバイパス)は、静岡県伊豆の国市から沼津市に至る、全長7.9kmの国道414号バイパスである。2009年現在は全区間未供用となっている。

目次

概要編集

国道414号の沼津市下香貫から伊豆の国市南江間の間(特に沼津市静浦地区)は狭隘区間が多く、通勤時や観光シーズン時に慢性的な渋滞が発生しているため、その解消を目的に計画された。第一期工区2.5km(沼津市大平 - 沼津市下香貫島郷)を暫定2車線で整備中であり、平成30年代前期の部分供用を目標としている。

路線データ編集

  • 起点:静岡県伊豆の国市南江間(伊豆中央道長岡北IC
  • 終点:静岡県沼津市下香貫島郷
  • 全長:7.9km
  • 規格:第3種2級(第一期工区)
  • 道路幅員
    • 一般部:27.0m(車線:3.25m×2 + 路肩:0.50m×2 + 自転車歩行者道:4.50m×2)
    • 橋梁部:11.0m(車線:3.25m×2 + 路肩:1.25m + 0.75m + 歩道:2.50m)
    • トンネル部:10.75m(車線:3.25m×2 + 路肩:0.50m×2 + 歩道:2.50m + 検査路:0.75m)
  • 車線数:暫定2車線(完成4車線)
  • 車線幅員:3.25m
  • 設計速度:60km/h
  • 事業費:500億円(全体)、150億円(第一期工区分)

当面は暫定2車線で整備するため、橋梁部及びトンネル部は南側(上り)のみを建設する予定である。

沿革編集

  • 1994年4月8日:都市計画決定。
  • 1995年度:用地買収に着手。
  • 2001年度:下香貫地区で工事着工。
  • 2015年度:沼津アルプストンネル掘削工事着工。

主な構造物編集

沼津アルプストンネルは、平成29年度貫通予定。

  • 前原橋(全長15.6m、PCプレテン単純中空床版橋)
  • 沼津アルプストンネル(全長1,177m、計画時は1,165m)
  • 大平高架橋(全長483m、計画時は471m)
    • 4径間連続非合成ばん桁橋:延長127m
    • 8径間連続非合成ばん桁橋:延長300m
    • 4径間連続非合成ばん桁橋:延長56m
  • 2号トンネル(全長1,735m)

主な接続道路編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集