静脈認証(じょうみゃくにんしょう)とは、人体の皮膚下にある静脈形状パターンの画像に基づいたパターン認識技術を使った、生体認証の一方式である。現時点では、指、手のひら、手の甲など、手首から先の部位を使ったものが主流である。静脈認証の主な事業者には、指の静脈を使った日立製作所モフィリア、手のひらの静脈を使った富士通などがある。NECも指の静脈を使った生体認証技術を有しているが、指紋認証の補完としての利用に限定しているため、他社とは形態が異なっている。

概要編集

指、手のひらの静脈パターンは、指紋や虹彩などの他の生体(バイオメトリクス)データと同じように個々人でユニークである。同一個人であっても、すべての指、手のひらが異なるパターンを持っており、法則性がない。

原理編集

データベース レコード用のパターンを取得するために、使用者が近赤外の発光ダイオード(LED)とモノクロの電荷結合素子(CCD)カメラを備えた認証機器に指または手のひらをかざす。血液中のヘモグロビンが近赤外光を吸収することによって、静脈形状パターンが暗い線パターンとして表示される。カメラが画像を記録し、生データがデジタル化およびその他の処理(暗号化など方式によって異なる)が行われて、登録画像のデータベースに送られる。認証時には、指または手のひらをスキャンしたデータが、登録画像のデータベースに比較のために送られる。認証処理は一般的に2秒未満である。[1]

利点編集

  • 本人拒否率や他人受入率といった、生体認証の性能を表す指標でもっとも高い数値を示す、もっとも精度の高い生体認証方式と言われている。
  • 他の生体認証システムと違って、体内の情報を使用するため、静脈パターンを偽造することはほぼ不可能とされている。
  • 乾燥、湿潤、荒れなど、手指の表面の状態の影響を受けにくい、安定した認証が行える。

欠点編集

  • 指紋認証などと比べて、認証機器がやや高額である。
  • 手袋や絆創膏をした手では、正常な認証が行えないことが多い。指輪をした場合や、手指の冷えなどで血流が減少して精度が落ちることがある。
  • 主な事業者がほぼ日本の企業に限定されていることもあり、日本以外の国々では知名度が低い。

日本での利用例編集

海外での利用例編集

  • トルコ共和国の医療体制革新プロジェクト[5] [6]

脚注編集

  1. ^ Archived copy”. 2011年7月6日閲覧。
  2. ^ 献血の受付方法が変わります!~5月、北海道からスタート
  3. ^ 住基ネットの職員認証、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」を採用
  4. ^ 居酒屋で指静脈認証 ポイントカード不要に 「くいもの屋わん」全店舗で導入” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年4月1日閲覧。
  5. ^ [https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2014/07/0709a.html 日立ヨーロッパ社とオーストリアのMIG社が Wi-Fi機能を搭載したモバイル型生体認証装置をトルコの病院に提供]
  6. ^ トルコ共和国の「静脈認証を使った本人特定による医療体制革新プロジェクト」において参画企業の1社としてモフィリアが選定

関連項目編集