革命社会党 (インド)

革命社会党(英:Revolutionary Socialist Party, RSP)はインド左翼政党1940年インド国民会議の左派である会議派社会党から分離して創設された。マルクス・レーニン主義を掲げるものの、スターリン一国社会主義論には批判的であった。しかしトロツキズムにも賛同せず、独自の政治姿勢を採った。

インドの旗 インド政党
革命社会党
Revolutionary Socialist Party
RSP-flag.svg
党旗
書記長 T・J・チャンドラチューダン
成立年月日 1940年
ローク・サバー議席数
1 / 545   (0%)
(N/A[1]
ラージヤ・サバー議席数
1 / 245   (0%)
政治的思想・立場 左翼マルクス・レーニン主義
公式サイト [1]
テンプレートを表示

現在は西ベンガル州などに地盤を有し、共産党主導の左翼戦線に参加している。ローク・サバー(インド連邦下院)には1議席(2019年5月時点)を有し、西ベンガル州議会には17議席を有して左翼州政権連立与党となっている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Lok Sabha. “Members Seventeenth Lok Sabha Party-wise List(第17回ローク・サバ― 議会政党別リスト)”. ローク・サバー公式サイト. 2019年5月31日閲覧。