韓国の時代劇

朝鮮半島の歴史を題材とし、韓国で制作された時代劇、歴史劇の総称

韓国の時代劇朝鮮半島の歴史を題材にした時代劇について記述する。韓国では「史劇(サグク、ハングル:사극)と呼ばれる。

解説編集

韓国における時代劇の制作、放送は1962年、本格的にテレビ放送開始され、キム・ジェヒョン(金在衡)監督の『国土万里』から始まり、主に朝鮮王朝(李氏朝鮮)時代を舞台にしたのが多かったが、近年は古朝鮮三国時代高句麗百済新羅)、高麗王朝近現代を舞台にした作品も多くなった。

  • 古代~李氏朝鮮時代における史書は『三国史記』『三国遺事』『高麗史』『朝鮮王朝実録』以外ほとんど残っていないこともあり、その時代を舞台にした作品は各種設定や人物等、製作時期が新しくなるに連れて非現実的なものや派手できらびやかなものが数多くなっている。このことから一部の時代劇は『ファンタジー時代劇』とも呼ばれている[1]
  • 時代劇専門の放送枠を現代劇とは別に持つ日本と異なり、韓国ではテレビドラマの放送枠に現代劇に混じって編成されるのが一般的である。韓国での時代劇専門の放送枠としては、韓国放送公社の「KBS大河ドラマ」(枠終了)のみであり、「NHK大河ドラマ」の韓国版となっていることから、実在の人物を題材としたものが主体である。「CNTV」といった時代劇専門の衛星放送ケーブルテレビチャンネルも存在し、「時代劇専門チャンネル」の韓国版にあたる。

作品一覧編集

時代劇の各作品を舞台となった時代、放送時期別に一覧する。

先史時代(神話)編集

古朝鮮編集

三国時代編集

統一新羅、渤海編集

高麗王朝時代編集

朝鮮王朝(李氏朝鮮)時代(大韓帝国も含む)編集

初期編集

前期 編集

中期編集

後期編集

末期編集

日本統治時代編集

大韓民国建国以後編集

時代考証編集

韓国の経済発展が進むに従って、作中での人々の衣装が史実と関わりなく派手になっていく傾向がある。これは、先述の通り資料が残っていないことに加え、長らく文化や経済が停滞し発展できなかった李氏朝鮮時代のコンプレックスの裏返しと言われている[誰によって?]

  • 考証上、現代の韓国人には解りにくい朝鮮語の単語が平然と出てくるため、多くの作品でそのような言葉が使われる場面に合わせて意味解説テロップが左下に小さく記されている。
  • 例としては同じイ・ビョンフン監督作品で1980年代の『朝鮮王朝500年』(第6部『暴君 光海君』、第7部『傀儡王 仁祖』など)では白衣民族と称されたように平民や下層民は白衣一色であるが、同時代を扱った2010年代の『馬医』では身分を問わず原色の極彩色となっている。
  • 李氏朝鮮兵の定番の装束である帽子(戦笠)と三又槍(鐺鈀)は、14世紀李朝初期の設定作品からよく見られる。ただし、実際の軍装への採用は、戦笠は1619年サルフの戦い前後、鐺鈀は1592年朝鮮出兵以降である。19世紀李朝末期の装束を、そのまま全時代の参考にしたため言われる。

脚注編集

  1. ^ 韓国のナンチャッテ時代劇 井沢満公式ブログ 2015年3月20日

参考文献編集

  • 『韓国ドラマ 時代劇王』1巻~(刊行中)、TOKIMEKIパブリッシング発行、2008年~。

関連項目編集