韓国女子バスケットボールリーグ

韓国女子バスケットボールリーグ朝鮮語: 한국여자프로농구繁体字中国語: 韓國女子籃球聯賽, 英語: Women's Korean basketball League)は、大韓民国の女子バスケットボールリーグ。1995年に創設され、翌1996年からリーグ戦を開催。現在は6チームでリーグを構成している。略称はWKBL

韓国女子バスケットボールリーグ
各種表記
ハングル 한국여자농구연맹
漢字 韓國女子籃球聯賽
発音 ハングクヨジャノングヨンメン
英語表記: Women's Korean basketball League (WKBL)
テンプレートを表示

2002年から2008年まで、日本の女子バスケットボールリーグ、Wリーグ(WJBL)との日韓女子選手権試合(ホーム&アウェイ)が行われた。開催された全試合でWJBL勢を破っている。2009年以降は行われていない。2013年はアジア4ヶ国でアジアWチャンピオンシップが開かれたが1回限りで休止。2017年に「日韓クラブチャンピオンシップ」の名で女子バスケットボールの日韓クラブ対抗戦が復活した[1]

構成球団(フランチャイズ)

編集
  • 牙山ウリィ銀行ウィービー(忠清南道牙山市、2016年までは「ウリィ銀行ハンセ」)
  • 仁川新韓銀行S・バード(仁川広域市
  • 龍仁サムスンブルーミンクス(京畿道龍仁市、2012年までは「三星生命ビチュミ」)
  • 富川ハナ1Q(京畿道富川市、2012年までは「新世界クールキャッツ」、」2020年までは「富川KEBハナ銀行」)
  • 釜山BNKサム(釜山広域市、2018年までは「九里KDB生命ウィナーズ」)
  • 清州KBスターズ(忠清北道清州市

大会形式

編集
  • 各チームごと8回戦総当たり制のレギュラーシーズンと、上位4チームによるプレーオフ。

  (プレーオフ(準決勝)とチャンピオン決定戦(決勝)はいずれも5戦3先勝方式)

  • 試合は毎日に1試合ずつが開催される。試合はKBSの衛星チャンネル(KBS N sportsまたはKBS W)で生中継される。

歴代優勝チーム

編集
  • 2001 新世界クールキャッツ
  • 2002 ウリィ銀行ハンセ
  • 2003 三星生命ビチュミ
  • 2004 三星生命ビチュミ
  • 2005 ウリィ銀行ハンセ
  • 2006 ウリィ銀行ハンセ
  • 2007 新韓銀行S・バード
  • 2007-08 新韓銀行S・バード
  • 2008-09 新韓銀行S・バード
  • 2009-10 新韓銀行S・バード
  • 2010-11 新韓銀行S・バード
  • 2011-12 新韓銀行S・バード
  • 2012-13 ウリィ銀行ハンセ
  • 2013-14 ウリィ銀行ハンセ
  • 2014-15 ウリィ銀行ハンセ
  • 2015-16 ウリィ銀行ハンセ
  • 2016-17 ウリィ銀行ウィービー
  • 2017-18 ウリィ銀行ウィービー
  • 2018-19 清州KBスターズ
  • 2019-20 シーズン打ち切りで該当なし
  • 2020-21 龍仁サムスンライフブルーミングス
  • 2021-22 清州KBスターズ

脚注

編集

関連項目

編集

リンク

編集