韓国鉄道公社391000系電車

韓国鉄道公社391000系電車 (かんこくてつどうこうしゃ391000けいでんしゃ) は、西海線での運行のために導入された韓国鉄道公社通勤形車両である。2017年8月17日から11月3日にかけて導入された7編成と大谷-素砂線の開業に備えて導入された10編成の計17編成が運行中。

韓国鉄道公社391000系電車
2次車の 391x11編成
基本情報
運用者 韓国鉄道公社
製造所 現代ロテムタウォンシス
製造年

2017年 (2017) (1次車)

2021年 (2021) - 2022年 (2次車)
製造数 17編成 (68両)
運用開始

2018年6月16日(1次車)

2023年4月22日(2次車)
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000 V 50 Hz
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
制御装置

1次車:IGBT素子VVVFインバータ制御(東芝製)1C4M方式

2次車:IGBT素子VVVFインバータ制御(タウォンシス製)1C4M方式
保安装置 RF-CBTCATS
テンプレートを表示

概要

編集

1次車

編集

1次車は371000系電車をベースとしており、シーメンスATP/ATOによるRF-CBTCを採用している。これは韓国鉄道公社の電車としては初のことである。 東芝(宇進産電)製のIGBT-VVVFを採用している。

車内

編集

車内は381000系電車をベースとした。ドアチャイムが設置されている。

乗務設備

編集

2次車

編集

2次車はKORAILでは初となるタウォンシスが製造を担当し、VVVFインバーターも東芝製からタウォンシス製に変更されている。車体は宇進産電製造の車両と同じくダブルスキン構造のアルミニウム車体に変更された。先頭車両のロゴは西海線のロゴではなく、KORAILのロゴとなっている。

車内

編集

扉上部に千鳥配置で2画面の液晶ディスプレイが設置されている。またソウル交通公社の新車同様、出入口左右にドアランプが設置されている。なお、座席は7席から6席に減少したが、311000系や341000系とは異なり、プラスチックシートではなく従来通りモケットシートとなった。つり革や座席カラーは西海線のラインカラーである黄緑と緑色のものが使用されている。

編成

編集
車両番号 動力配置
3910xx 制御車 (Tc)
3911xx 電動車・パンタグラフ付き (Mp)
3912xx 電動車・パンタグラフ付き (Mp)
3919xx 制御車 (Tc)

運行区間

編集

脚注

編集

関連項目

編集