韓 徳(かん とく)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の武将。

西涼の大将での武将。武器は大諸葛亮が最初の北伐を決行した際、それを迎え撃つ夏侯楙の援軍として韓瑛(かん えい)、韓瑤(かん よう)、韓瓊(かん けい)、韓琪(かん き)の4人の息子とともに8万の大軍を連れて駆けつけ、先鋒として鳳鳴山の麓で蜀軍と対峙して趙雲に挑戦した。韓琪は落馬し、韓瑛と韓瓊は討ち取られ、韓瑤は生け捕りにされた。息子達が全員敗けたのを見て敗走した。後日、出陣した夏侯楙に従軍し、息子達の仇を討つべく趙雲と一騎討ちするも、槍で突き殺されてしまう。

参考文献編集