音感

音感(おんかん)とは、に対する人間の感覚音楽家に関係する「音感」として、次のようなものがある。

  • 音の高さに対する感覚:音高を認識する方法によって絶対音感相対音感に分かれる。音高さを音名・階名表記で表現する能力を含めて音感と呼ぶことが多い。
  • 音の長さに対する感覚:メトロノームを用いないで正確なテンポを刻む能力で指揮者に必携とされている。
  • 音の色彩に対する感覚:一般的な管弦楽の楽器の音色の聞き分けが主であるが、進んだ耳にはA管とBb管のクラリネットやC管とBb管のまたはピストンバルブロータリーバルブのトランペット、フレンチ・ホルンとウインナー・ホルン、ティンパニーやヴァイオリン・トロンボーンなどのモデルや国籍、奏法、奏者なども譜面無しで聞き分けられるようになる能力。
  • 音の強さに対する感覚:要するに強弱であるが、ここはもっと進んでバランス感覚を扱う。メロディに対する和音の比重とか、階梯導入の音の明確さ、ポリフォニー様式の起伏などである。機械的なデシベルの単位は、環境的条件が著しいのでここでは用いない。
  • 音の方向に対する感覚:シュトックハウゼンのパラメーターの理論を導くとこの感覚も求められるが、いろいろな条件が数多あり、未開拓のためまだ詳細を記すことはできない。