音楽ファンタジー・ゆめ

音楽ファンタジー・ゆめ[3]』(おんがくファンタジー・ゆめ)は、NHK教育テレビジョン1992年4月6日から1999年4月2日までの7年間放送されていたクラシック音楽を題材としたCGアニメーション

音楽ファンタジー・ゆめ
ジャンル 短編アニメ、音楽
アニメ
放送局 NHK教育テレビ
放送期間 1992年4月6日 - 1999年4月2日
話数 95
テンプレート - ノート

概要編集

ディズニー製作のアニメーション映画「ファンタジア」をモチーフとして企画され、クラシック音楽を幼いときから慣れ親しめるようCGを用いて映像化した番組。

5分枠の中で2つのパートから構成されており、前半では後述のCGキャラクターのアニメーションが放映され、前半終了後、その回で取り上げる曲のタイトル・作曲者が紹介される[4]

続く後半のパートでは、音楽にのせて曲のイメージの3DCGアニメーションが繰り広げられる[5][6]。時間の制限があるため、一部の楽章のみであったり、大幅な編曲がなされている場合も多い。また、使用された曲の大半は放送時点で物故者となっていた作曲者の作品で、著作権も切れている作品だったが、一部の作品は放送時点で著作権が切れていない作品であり(2020年現在は著作権の保護期限を満了したものもある)、『アランフエス協奏曲』については後述のように放送時点で存命の作曲者による作品だった。

エンディングでは、第1期は各話様々な立体図形の変形とそれに合わせた作曲者の似顔絵[7]の登場。第2期以降は統一されている。

BMGビクターからVHS(全19巻)、日本クラウンからDVD(全10巻)が発売された。現在は、ネットショップやネットオークションなどで在庫がある限り、入手出来る。ただし、全巻購入(入手)出来るとは限らない。また、第2期の前半パートを原作とした絵本全3作がリトルモアより出版されている(#関連商品)。

2020年には番組30周年に向けて番組のプロデュースに関わったTecGenius(堤照薫)が経営する「TECGENIUS ORGANIZATION」のYouTubeチャンネル「TECGENIUS EDUTAINMENT」「TECGENIUS CHILD CHANNEL」にて本編の公式配信を開始するとともに、TECGENIUS ORGANIZATIONに「音楽ファンタジー・ゆめファンクラブ推進委員会」を設置し制作秘話などを記した会報の発行や2021年に30周年記念コンサートを計画している。

放送時間編集

毎週月曜日に新作を放送し、同じ回を5日間放送していた。1992年度は、1年間通して第1期が放送され、1993年4月5日から1994年10月3日までは第1期が再放送された(例外あり)。

  • 本放送
    放送枠:母と子のテレビタイム
    • 1992年度:17:35 - 17:40
    • 1993年度:17:25 - 17:30
    • 1994年 - 1997年度:8:00 - 8:05、16:55 - 17:00(1996年度後期を除く)
    • 1997年度:16:20 - 16:25(1997年度後期)
    • 1998年度:7:30 - 7:35、16:20 - 16:25
  • Eテレセレクション
    放送枠:Eテレフリーゾーン
    • 2013年3月3日:15:30 - 16:00
      第1期「トルコ行進曲」・「ピアノ協奏曲第1番」・「春の祭典」、第2期「熊蜂の飛行」・「威風堂々[8]」、第3期「ユモレスク」の再放送。
    ウェブでの視聴者投票により再放送が決定されるシステムによるものであるが、2009年のETV50番組内企画「もう一度見たい教育テレビ」では11位と再放送には至らなかった[2]
    この他に一時期「ニャンちゅうといっしょ」内のコーナーとして放送されたこともあった。

主なキャラクター編集

フルーツ&ベジタブルオーケストラ(第1期)編集

八分音符の形をした指揮者と、野菜や果物でできた楽器のキャラクター達。ほとんどのキャラは複数体存在する。メンバーの一部を除き英語しか話さない。「ピアノ協奏曲第1番」では、練習中に指揮者を除くメンバー全員が下敷きになり全滅した。第3期で再登場した際は色が鮮やかになり、顔の表情(笑い、驚いた顔など)も加わったが伝達手段はボディーランゲージのみで言葉は一切話さなかった。

指揮者
八分音符の形をしている第1期のメインキャラクター。性別不明。基本的には「Hi!」や「OK!」などの簡単な英語しか話さないが、曲名紹介の他、ごく初期でも劇中で日本語を披露している[9]
「時計交響曲」では、メトロノームと同時に指揮をした。「ボレロ」では、非常に小さな個体が多数登場した。「チゴイネルワイゼン」では、猛スピードで高速道路を駆け巡った。「ラプソディー・イン・ブルー」と「春」では、声が変わっている(「アランフェス協奏曲」「白鳥の湖」「ボレロ」「ラプソディー・イン・ブルー」「春」の曲名紹介でも)。第3期では「カリンカ」を除いてフルベジ登場回で全て登場している。最終回「主よ、人の望みの喜びよ」では、チェロとシンクロのダンスに全く付いて来れないまま、苦戦していた。
ヴァイオリンヴィオラ
落花生に弦が4本張っており、弓を手に持ち演奏する。メンバーの中で一番小さく「チィチィ」という鳴き声を出す。マイペースな性格で「アイーダ」では、指揮者の命令を無視してバラバラに前進しつつ指揮者を潰し、「G線上のアリア」では、ベースの周りをうろついて逆に追放された。ヴィオラは「白鳥の湖」のみ登場。
チェロベース
ナスに弦が4本張っており、手足が生えている。はヘッドになっており、f字孔
チェロはリボンと腕の色がピンクで弓を持参している。登場回数がメンバーの中で一番多い。「新世界」では弓の代わりに箒やゴルフクラブ(ウッド)を使った。性格は気が小さく、慌てん坊でドラムが少し苦手。「ウィリアムテル序曲」では、高所恐怖症であり、高い所が怖くて大嫌い。「アランフェス協奏曲」では、チェロ軍団がドラム軍団と決着をつけ、その後和解した。「ペルシャの市場」では、f字孔が通常より長い男爵風なチェロが登場。
ベースはチェロより一回り大きく、リボンと腕の色が緑色で弓を持っていない。性格は意地っ張りで我慢強く、用心(注意)深いので一人でいることが多い。「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」では、足拍子を披露した。
「春の声」では、チェロも老人だったが、「ゴリウォーグのケーク・ウォーク」からベースのみが老人となった。「結婚行進曲」では、リボンと腕の色がチェロとベースで逆だったほか、ベースは女性として登場した。「月の光」では、腕の色がピンク、リボンの色が緑のベース、「愛の夢」と「アルルの女」では、リボンと腕の色が濃いピンクの女性のチェロ、「アランフェス協奏曲」では、体が赤紫、腕の色がピンク、リボンの色が青いチェロなどがそれぞれ登場した。
トランペット
茎にピストンと手があり、傘から音が出るなめこ。3体でいることが多いが、「運命」と「ワルキューレの騎行」では1体しか出てこない。特に「ワルキューレの騎行」では、巨大化し、メンバーを風圧で吹き飛ばした。「展覧会の絵」では、逃げるチェロに対し我関せず演奏するだけだった一方、「運命」では、絶望しかけたチェロの救世主となった。言葉を話さない。
サクソフォーン
手足が生えており、蔕から音を出す逆さまのニンジン(赤ちゃんを除く)。「春の祭典」では、夫婦で赤ん坊をあやしたり、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」では、畑でできた赤ちゃん(まれにカブ)が生える。「アベ・マリア」では、寝ている時、もの凄く大きい鼾のせいでチェロに怒られる。「交響曲第40番」では、高所恐怖症である事が判明した。
クラリネット
手足が生えており、根から音が出るネギ。おとなしい性格だが、少しお調子者。
ピッコロフルート
インゲン豆さやに手が生えた姿をしている。ピッコロは気が弱い女の子で、フルートはセレブな女性である。
ピアノ
主体がナシ鍵盤バナナ、黒盤はヤシの枯れ葉になっている。メンバーの中で一番大きい。言葉を話さない。「英雄ポロネーズ」では、オルガンピアノも登場した(通常より小さく、赤く熟している)。バッハの「メヌエット」と「交響曲第40番」では、巨大化している。
マリンバ
音板がキュウリ、パイプがブドウになっている。言葉を話さない。「小犬のワルツ」では、指揮者が大きくしたり小さくしたりさせた。第3期では唯一登場しなかった。
ドラムセット
バス・スネア・タム・フロアがカボチャ、ハイハット・サイド・トップがキノコになっている。主にバスのみが登場。手足が生えており、サングラスをかけている。口ひげ)も特徴。手足をしまって転がることができる。「トリッチ・トラッチ・ポルカ」では、運動会徒競走でピンチの時に、この状態で3人のチェロを追い抜き優勝したり、「展覧会の絵」でも、この状態で巨大化し、チェロを執拗に追いかけた。「展覧会の絵」や「交響曲第40番」では、巨大化している。悪役並みの不良キャラで、主に、チェロをいじめているが、「アランフェス協奏曲」では、ドラム軍団がチェロ軍団と決着をつけ、その後和解した。また「ラデツキー行進曲」では練習遅刻したにも関わらず、調子に乗りすぎて勝手なリズムで演奏し、あきれたメンバーに置き去りにされたこともある。
基本的にサングラスをかけているのはバスのみだが、「トッカータとフーガ」では全員サングラスをかけているもの(バスの体の周りが黄緑と緑の縞で声が低い)と誰もサングラスをかけていないもの(バスの体の周りが緑一色で声が高い)の2種類のタイプが登場、このうちサングラスをかけていない方は盆踊りを披露した。
バッハの「メヌエット」では、サイド・トップのみが登場していた。
ティンパニ
半分に割れたスイカ。2体セットである。手足が生えており、バチは持参している。叩くと色が変わる。登場回数は4回しかない[10]

テクテクキッズ編集

パソコンとマウスの兄弟「ハーディー」・「コミー」と彼らを取り巻くキャラクター達。基本的には彼らの伝達手段はボディーランゲージのみで言葉を話さない。このため、曲名紹介は女性のナレーターが行った。また、韓国でも「コミーとハーディーの音楽の旅」というタイトルで放映された。

ハーディー
青いパーソナルコンピューター本体のキャラクター。コミーの兄。普段は温厚だが怒らせると怖く、コミーにも容赦がない。タイヤで移動する。よく、コミーとケンカしたり、寝ていることが多い。フロッピーディスクは食べる形で挿入する。第2期のメインキャラクターとしてコミーとともに曲名紹介を担当する。「ジムノペディ」では、コミーが床にこぼした画鋲に刺さり、「ピアノソナタ第15番」では、鼻を蜂に刺され、「子守歌」では、窓から入って来た風船をつかもうとして床に落ち、コミーに笑われた。など怪我が絶えない。「動物の謝肉祭」では、画面をカラスに突っつかれるも、あるフロッピーを食べてパワーアップし、ボッケリーニの「メヌエット」では、ハーディーが熱を出し病院のフロッピーを食べて治療を行った。ただし、注射嫌いだったが、何とか治療を行った。その後、コミーにうつったのか、コミーが鼻水を出した。ハーディーはコミーにも注射をするように注射のフロッピーを出したが、コミーは逃げた。「『ペールギュント』より朝」では、フロッピーを沢山使い、ドミノ倒しをした。「威風堂々」では、ハーディーの誕生日だが、年齢は、分かっていない。「タイスの瞑想曲」、「椿姫」では、フロッピーと定規を使い、バイオリンを演奏する真似で、定規を動かした。「コッペリア」では、写真立ての記念写真に主人、妻、息子、そしてハーディーとコミーが写っている写真を見て、ハーディーは、泣いた。「亜麻色の髪の乙女」では、タイヤなのにはさみを上手に使ってピンクの色紙を切り、コミーのために、ピンクのクジラ作った。「コンドルは飛んでゆく」では、毛糸で遊ぶコミーに対し、毛糸を食べて自分用のニット帽を作ったが、その後コミーにも同じ色のニット帽をプレゼントした。
コミー
オレンジ色マウスのキャラクター。ハーディーの弟。好奇心旺盛で無邪気な性格。ハーディーと同様にタイヤで移動する。尻尾はコードを兼ねており、普段はハーディーと繋がっている。第2期のメインキャラクターとしてハーディーとともに曲名紹介を担当する。「軍隊行進曲」では主人に処分されそうになったハーディーにエネルギーを送り込んで助けた。「『ペールギュント』より朝」では、コミー自身が積み上げたフロッピーを倒さないよう、ハーディーが立てたドミノ倒しをハーディーが途中で止めたが、コミーが吹きかけた息によって積み上げていたフロッピーが倒れてしまい、コミーはひっくり返って泣いた。「モルダウ」では、部屋の小さい穴に入ろうとして土砂崩れに巻き込まれそうになったが、ハーディーが助けた。「スラブ舞曲」では、コミーがシャボン玉液の入ったバケツに落ちて、口からシャボン玉を吐き出した。「はげ山の一夜」にて、ハーディーの夢の中では悪魔と天使のコミーが登場していた。最終回「主よ、人の望みの喜びよ」では、ドライブ中にボーリングのピンにぶつかり倒れた。救急車のサイレンは鳴っていたが、コミーが病院に搬送されたシーンは見られない。
ミニコンポ型のキャラクター
正式名称は不明。サングラスをかけている。「『カルメン』よりハバネラ」、「バイオリン協奏曲ニ長調」、「威風堂々」、「春の歌」、「タイスの瞑想曲」に登場した。陽気な性格で、「バイオリン協奏曲ニ長調」では、カメラで写真を撮ろうとしていたハーディーとコミーの前に割り込むようにして邪魔をし、自分が写真にアップで写った。「『カルメン』よりハバネラ」では、ハーディーやコミーを騒音で困らせることもあるが、仲は良い模様。鼻の部分は音量調節のつまみになっている。「春の歌」では、ハーディーが寝たくて、コミーはミニコンポの音楽を聴きたいため、ミニコンポの鼻の音量調節のつまみを上げ下げした。(ハーディーが音量を下げてそコミーが音量を上げた)コミーとハーディーが音量を上げ下げしたその時ミニコンポはくしゃみをした。そしてコミーとハーディーがケンカした。ミニコンポは、ハーディーとコミーを仲直りさせるため、ミニコンポが自分の口にCDを入れて「子守歌」を流し、ハーディーとコミーを笑わせたが、ミニコンポは寝てしまった。ただし、この時の「子守歌」は、63話目の「子守歌」とは音声が違う。「コッペリア」では、コミーとハーディーのアルバムから写真で登場している。「威風堂々」では、ハーディーのバースデーパーティーにやって来た。フルーツ&ベジタブルオーケストラのマリンバ同様、第3期では登場しなかった。
からくり時計の人形の女の子
正式名称は不明。「エリーゼのために」、「威風堂々」、ボッケリーニの「メヌエット」に登場した「不思議の国のアリス」のアリスをモチーフにしたキャラ。「エリーゼのために」ではハーディーが一目惚れし彼女を巡って、コミーがショートケーキを巡って、バトルになり、ハーディーがコミーのゴルフゲームでボールにされホールインを喰らい、最終手段で強引に彼女を時計から引っ張り出そうとしたが、彼女を引っ張っているハーディーの電源コードはその引力に耐え切れず、遂に千切れた。最終的に真っ逆さまに落とし、ショートケーキまみれにさせ、激怒させてしまった。カンカンに怒り狂った彼女はハーディーとコミー目掛けて、思いっ切りぶん殴った。その一撃必殺でハーディーとコミーは目を回し、ボロボロになり、ハーディーは彼女を怒らせ嫌われたため、泣いた。コミーは、ショートケーキが食べられなかったため、泣いた。「威風堂々」では、ミニコンポ型のキャラクター同様、ハーディーのバースデーパーティーにやって来た。ボッケリーニの「メヌエット」にて、ハーディーにインストールされたウイルス駆除ソフトでは、ナース姿の彼女が登場する。フルーツ&ベジタブルオーケストラのマリンバ、ミニコンポ型のキャラクター同様、第3期では、登場しなかった。放送終了後年に放送された音楽ファンタジー・ゆめの特集番組では、声付きで司会進行を担当していた。
主人
正式名称は不明。ハーディーとコミーの使用者である男性。登場する度後ろ姿、または、影しか映されない。左利き。ハーディーとコミーは、彼の入室中・作業中は通常のコンピューターの姿になっている。「華麗なる大円舞曲」では、電気スタンドを修理して、ちょうど修理が終わった所に主人がハーディーとコミーのいる部屋に入ろうとしたため、慌ててコンピューターの姿になる。そして、ハーディーとコミーが被った埃をそっと拭いてあげたり彼らを大切に扱っているが、電気スタンドは処分し段ボール箱に入れていた。その電気スタンドは、主人が部屋を出た後、ハーディーとコミーがきれいに直した。(ハーディーが、電気スタンドの埃取りと電球の取り換え、コミーが電気傘の修理をした。)「コッペリア」では、ハーディーとコミーを購入した際に家族(妻・息子)と記念写真を撮っていた事が判明したが、「軍隊行進曲」では、ハーディーを中古品として処分しようとしていた。フルーツ&ベジタブルオーケストラのマリンバ、ミニコンポ型のキャラクター、からくり時計の人形の女の子同様、第3期では登場しなかった。「軍隊行進曲」にて、主人は、靴のまま部屋に入っているため、外国人である事が分かる。

フルベジwithテクテクキッズ(第3期)編集

第1期と第2期のメインキャラクターが登場する。「with」とあるが、「フルベジ」パートと「テクテクキッズ」パートは二本立てとしてそれぞれ独立している上、「フルベジ」のキャラクターが一切登場しない回が大半であるため、構成上両者が直接共演するという形ではない[11]

作品概要編集

話数は便宜上のもの。

フルーツ&ベジタブルオーケストラ編集

第1期、全50作。
青紫バックに白字で[12]、左下から音符が登場して曲名を紹介する。効果音は何度か変更されている。CG紹介も白字。
エンディングにおいて作曲者の登場する際には名前が表示され、男性が英語で読み上げた。常に同じ曲が使用されるが、第3回「ノクターン」では無音だった。タイトルロゴ製作クレジット表記が右側であるため作曲者は必ず左下に表示される。(ニャンちゅうでの再放送時はエンディング部分のみカット)


テクテクキッズ編集

第2期、全30作。
ジングルが流れ、女性がナレーションを曲タイトルを読み上げている最中、左下からコミーとハーディーが出て来る。ハーディーは口を開けたり閉じたりしている。コミーは、飛び跳ねている。放送当時(『「くるみ割り人形」よりこんぺいとうの踊り』、『ジムノペディ』では、ジングルのみ)。VHSとDVDでは、『「くるみ割り人形」よりこんぺいとうの踊り』(「こんぺいとうの踊り」部分のみナレーション)『ジムノペディ』(タイトルは『ジムノペディ』だが、ナレーションは、『ジムノペティ』と読み上げている。)『「カルメン」よりハバネラ』でのナレーションは『カルメン』のみ読み上げる。当期のみ前半パートに後半パートの楽曲アレンジが使用されなかった。
当期以降、ハーディーとコミーが窓のそばで気持ちよく寝ているエンディングに統一。第78回『シシリエンヌ』のエンディングにて、放送当時、コミーとハーディーの名前が紹介された。編曲は第2期以降、全て、辻陽が担当する。

フルベジwithテクテクキッズ編集

第3期(最終期)、全15作。

各作品リスト編集

作品は全部で95作。『G線上のアリア』以降から編曲者の名前がクレジットされるようになった。

スタッフ編集

CGアニメーション編集

主に後半パート担当
主に前半パート担当(第2・3期)
  • 清滝有里子(絵本版も担当)
  • 奥井宏幸
  • 雨宮由里子[17]
  • 福田陽一

編曲者編集

関連商品編集

VHS
  • 『音楽ファンタジー・ゆめ』
    • 第1 - 5巻 (1993年4月21日)
    • 第6 - 10巻 (1993年6月23日)
    • 第11 - 16巻 (1995年5月24日)
    • 第17 - 19巻 (1998年4月21日)
DVD
  • 『音楽ファンタジー・ゆめ』
    • 第1 - 5巻 (2001年11月21日)
    • 第6 - 10巻 (2001年12月16日)
絵本
前述の通り、『テクテクキッズ』を原作とした絵本『テクテク・キッズ ちいさなコミーとおおきなハーディー』シリーズが3作出版されている。morning landscape・著、清滝有里子・イラスト。
  • 『テクテク・キッズ ちいさなコミーとおおきなハーディー』シリーズ(リトルモア)

脚注編集

  1. ^ 再放送決定!「音楽ファンタジー・ゆめ」 - 日本放送協会(2013年6月28日閲覧)
  2. ^ a b ETV50 「もう一度見たい教育テレビ」 - Panorama Japan - 原田大三郎
  3. ^ 正式には中黒の入った『音楽ファンタジーゆめ』であることが明らかになった[1]。なおCGアニメスタッフの原田大三郎は2009年に自身のブログ[2]にて中黒入りで表記している。タイトルロゴでは『音楽ファンタジーゆめ』(ゆめの部分は太字)の下に「DREAMS」と英語タイトルが書かれており、ビデオ等では『音楽ファンタジーゆめ』として発売されていた。
  4. ^ 第2期以降のタイトル紹介は固定の女性の日本語によるナレーションだった。
  5. ^ ただし「ノクターン」、「ウィリアム・テル序曲」、「ピアノソナタ第15番」などのように、ほぼ全体が2Dセルアニメーションで構成される回もある。
  6. ^ アニメーションの中には効果音や声が挿入される回もある
  7. ^ 基本的に似顔絵は、抽象画風ながら本人の風貌やイメージに近いイラストになっている。ただし、パッヘルベルについては一般に知られている肖像画((参照))が本人の存命中に描かれていないためか、肖像画とは全く似ていない似顔絵となった。
  8. ^ 「威風堂々」の前半は、光の点滅が激しい箇所が2つあったため編集された(ただし、インターネット上では、「威風堂々」の前半での光の点滅による激しい箇所は、そのまま使用されている)。
  9. ^ 「トルコ行進曲」「ノクターン」にて。
  10. ^ 「フルーツ&ベジタブルオーケストラ」コール部分を除く。
  11. ^ 回によっては、「フルベジ」パートはハーディーとコミーが読んでいた絵本の内容という扱いになっていたりする。
  12. ^ 「トルコ行進曲」、「パリのアメリカ人」等の例外もある。
  13. ^ いて座やぎ座みずがめ座うお座牡羊座おうし座ふたご座かに座しし座乙女座てんびん座さそり座の順番。
  14. ^ 私の履歴書 | CMSを利用したonline履歴書です。学歴、職務経歴、業績や制作事例を掲載しています。
  15. ^ DIGITAL IMAGE / YASUI chihiro
  16. ^ DIGITAL IMAGE / Yoshiko Nakagawa
  17. ^ DIGITAL IMAGE / AMEMIYA Yuriko
  18. ^ 株式会社サンレイクコミュニケーショズ:音楽家・堤 照薫(つつみ てるまさ)氏、独自の音楽教育プログラム『堤メソッド』を用いた日本での音楽指導を再開:Bizloop(ビズループ)サーチ
  19. ^ NHK みんなのうた - 夢を盗むギャングたち - TinBin - 日本放送協会(2012年12月21日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集