メインメニューを開く

音波 みのり(おとは みのり、11月29日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役スター。

神奈川県横浜市[1]八雲学園高等学校出身[1]。身長160㎝[1]。血液型O型[2]。愛称は「はるこ」[1]

来歴編集

2003年、宝塚音楽学校入学。

2005年、宝塚歌劇団に91期生として入団[3]。入団時の成績は29番。花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台[1][3][4]。その後、星組に配属[3][4]

2010年、「摩天楼狂詩曲」で、華雅りりかとダブルキャストでバウホール公演初ヒロイン[3][4]。続く「愛と青春の旅だち」で新人公演初ヒロイン[3][4]

2011年、「メイちゃんの執事」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[3][4]。同年、「オーシャンズ11」で2度目の新人公演ヒロイン[3][4]

2012年、「天使のはしご」(日本青年館・バウホール公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[3][4]

2019年、「アルジェの男」で全国ツアー公演初ヒロイン[5]

人物編集

小学3年の頃からモダンバレエを習っていた[3]

宝塚初観劇は中学生の時で、TAKARAZUKA1000days劇場で観た「夜明けの序曲[3]。いつか舞台人になりたいと思っており、母に教えられて音楽学校を受験するが、一次も通らずに不合格[4]。一度はあきらめるが、大学進学が内定していた高校3年の秋、未練を断ち切れずにレッスンを再開[4]。試験まで4カ月[4]、家族との約束で大学受験と並行して挑んだ2度目の受験の際には、怪我のため直前まで松葉杖とギブスでの生活を強いられたが、「燃え滾る情熱とありのままの自分をみていただこう」と体当たりで挑み、念願の夢を勝ち取った[3]

主な舞台編集

初舞台編集

星組時代編集

出演イベント編集

  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』 予定

TV出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、102頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ 「波瀾爆笑!? 我が人生 音波みのり/宝塚GRAPH 2014年9月号」 阪急コミュニケーションズ、2014年、74-76頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 101年の星組公演は宝塚ならではのミュージカルと煌びやかなショーで始まる/星組 音波みのり”. ウィズたからづか. 2015年3月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 村上久美子 (2012年3月8日). “目覚めた遅咲き姫/音波みのり”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/archives/25567.html 2019年10月10日閲覧。 
  5. ^ a b c 橘涼香 (2019年3月24日). “紅ゆずるによって蘇る菊田一夫の名作と、星組が紡ぐ星々のレビュー。”. 宝塚ジャーナル. http://enbu.co.jp/takarazuka/kurenaiyuzuru-hoshigumi-review/ 2019年10月10日閲覧。 

外部リンク編集