メインメニューを開く

音羽 久米子(おとわ くめこ、1915年7月8日 - 没年不詳)は、日本女優。本名は滝沢 ヤス(旧姓:森)。

おとわ くめこ
音羽 久米子
本名 滝沢 ヤス(旧姓:森)[1]
生年月日 (1915-07-08) 1915年7月8日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区
職業 女優
活動期間 1936年 - 1990年代
活動内容 新派劇映画現代劇時代劇トーキー)、テレビドラマ
配偶者 滝沢英輔

目次

来歴・人物編集

1915年(大正4年)7月8日東京府東京市四谷区(現在の東京都新宿区)に、父・芳五郎と母・寿美の8人兄姉の末子として生まれる[2]。父は政治好きで、定職を持たなかった[2]

高等小学校を卒業後、師範学校入学を希望するが、芸事好きの末兄に勧められ、尾上菊五郎が創設した日本俳優学校に2期生として入る[2]1936年(昭和11年)3月に卒業、その後は関西新派で舞台に立つが、数か月で帰京。久米正雄の紹介で9月に日活多摩川撮影所へ入社[2]。六代目菊五郎の屋号である音羽屋と久米正雄の姓をもらって、芸名とする[2]。同年10月公開の『花嫁べからず読本』で映画デビューした[3]。数本の作品に脇役で出演後、1937年(昭和12年)9月に東宝映画に移籍し、以降は端役として多くの作品に出演。1939年(昭和14年)5月、映画監督の滝沢英輔と結婚、一男一女をもうけている[3][4]

戦中は東宝を退社して映画界から離れていたが、1951年(昭和26年)に東宝へ復帰し、成瀬巳喜男監督の『めし』『浮雲』、堀川弘通監督の『裸の大将』などに脇役で出演。1960年代からはテレビドラマにも出演している。その後は東宝を退社してフリーとなり、1990年代まで活動している。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ 音羽久米子KINENOTE、2014年9月1日閲覧
  2. ^ a b c d e 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、p.71
  3. ^ a b 『日本映画スチール集 日活多摩川篇』、ワイズ出版、2001年、p.38
  4. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年、p.333