メインメニューを開く

音羽山 市平(おとわやま いちへい、1857年11月25日安政4年10月9日〉 - 1894年明治27年〉1月8日)は、桐山部屋佐ノ山部屋及び音羽山部屋に所属した元力士[1]。平石七太夫の遺族の養子と伝わる。

本名は渡邉(武田→石田→中田→渡邉と改姓歴がある) 市平[1]。身長,体重とも不明。出身地は現在の新潟県新潟市(旧・越後国蒲原郡〈後の西蒲原郡〉)。

最高位は西前頭9枚目。

1881年5月初土俵(序ノ口)。その後昇進には時間がかかり、初土俵から10年後の1891年1月新十両[1](東二段目7枚目となり十両相当となった)[1]。この場所、6勝1敗1分の好成績を残し、翌5月場所に新入幕。しかし十両昇進前の1890年6月場所より音羽山部屋を興し、二枚鑑札となっていた疲れと年齢から来る衰えが出たせいか、幕内では殆ど活躍出来なかった。1894年1月場所中の1月8日(3日目終了後[2])に36歳で急死。稽古中に亡くなったと伝わっている。

幕内通算 4場所 4勝11敗25休を残した。

改名歴は1回ある:新川 市平 → 音羽山 市平[1]。新川は故郷の同名の川に因んだと言われ、新川時代の方が有名だった。

 出典 編集

 関連項目 編集