メインメニューを開く

音羽 正彦(おとわ ただひこ、1914年(大正3年)1月5日 - 1944年(昭和19年)2月6日[1])は、朝香宮家出身の侯爵海軍軍人栄典勲一等。皇族時代は正彦王という。

音羽正彦
正彦王
音羽侯爵(1936~1944)
Tadahiko ou.jpg
身位 臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
His Imperial Highness
出生 1914年1月5日
日本の旗 日本 東京府東京市
死去 (1944-02-06) 1944年2月6日(30歳没)
クェゼリン島
配偶者 大谷益子
父親 朝香宮鳩彦王
母親 鳩彦王妃允子内親王
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1914年(大正3年)1月5日朝香宮鳩彦王の第2皇子として誕生。1936年(昭和11年)4月1日、願により臣籍降下し音羽侯爵家を創設する。

学習院中等科卒、海軍兵学校第62期)卒、海軍砲術学校修了。

赤城山城陸奥各分隊長等を歴任し、第6根拠地隊参謀海軍大尉として、マーシャル諸島クェゼリン島で戦死する(クェゼリンの戦い)。享年30(満29歳没)。1944年(昭和19年)2月6日、戦死認定され海軍少佐に進級する。

高松宮宣仁親王は『高松宮日記』に「はじめ大鳥島に勤務していた侯爵を、危険だからというのでクェゼリン島に転属させたところ、米軍が予想に反して同島に上陸してきた」と記している(昭和十九年二月四日条[2])。

朝香宮家では、勲一等を持っていた侯爵に大勲位菊花章をさずけてくれ(『高松宮日記』二月二十六日条)、爵位を公爵にあげてくれ(三月四日条)などと宮内省に要求したがいずれも実現しなかった[2]

1940年(昭和15年)11月14日、第1次近衛内閣拓務大臣を務めた大谷尊由の次女・益子と結婚。2人の間に子どもはなく、音羽侯爵家は廃絶となる(益子はその後、小坂財閥の小坂善太郎と再婚)。

 
多磨霊園にある音羽正彦の墓

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 昭和19年2月28日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1348号。
  2. ^ a b 浅見雅男 『皇族誕生』 角川文庫 ISBN 978-4043944897、201p
  3. ^ 『官報』第2748号、「叙任及辞令」1936年3月3日。p.26

外部リンク編集


日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
音羽家初代
1936年 - 1944年
次代:
後継者不在