メインメニューを開く

頃王(けいおう、? - 紀元前613年)は、中国春秋時代の王。姓は姫、名は壬臣。

頃王
王朝
在位期間 前619年 - 前613年
都城 王城(洛邑)
姓・諱 姫壬臣
生年 不詳
没年 前613年
襄王

生涯編集

周の襄王の子として生まれた[1]紀元前619年8月、襄王が死去する[2]と、頃王は後を嗣いで周王として即位した[1]

紀元前618年春、頃王は毛伯衛中国語版に派遣して、襄王の葬儀費用の負担を求めた[3]

紀元前613年春、頃王は死去し[4]、子の姫班(匡王)が後を嗣いだ[1]。ときに周公閲中国語版王孫蘇中国語版が周の政権を争っていたため、訃告がなかった[4]

子女編集

脚注編集

  1. ^ a b c 史記』周本紀
  2. ^ 春秋』文公8年
  3. ^ 『春秋左氏伝』文公9年
  4. ^ a b 『春秋左氏伝』文公14年