項羽と劉邦 鴻門の会

項羽と劉邦 鴻門の会』(こううとりゅうほう こうもんのかい、原題:王的盛宴)は、2012年中国映画。晩年の劉邦楚漢戦争を回想しつつ韓信を粛清していく姿を描く。

項羽と劉邦 鴻門の会
タイトル表記
繁体字 王的盛宴
簡体字 王的盛宴
拼音 Wáng Dè Shèng Yàn
英題 The Last Supper
各種情報
監督 ルー・チュアン
脚本 ルー・チュアン
製作 ハン・サンピン、ルー・チュアン
出演者 リウ・イエ
ダニエル・ウー
チャン・チェン
音楽 リュウ・トン
撮影 チャン・リー
配給 日本の旗 ツイン
公開 日本の旗 2014年2月1日
上映時間 116分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
言語 普通話
テンプレートを表示

あらすじ編集

紀元前195年、病の床にあった帝国の高祖劉邦は、つねに鴻門の会の悪夢にうなされていた。漢の三傑の一人である韓信は謀反の罪で六年間幽閉された後、劉邦の参謀である張良がその身柄を引き受けた。漢の丞相蕭何と張良は、皇后となった呂雉に韓信の無罪を訴えるが、猜疑心に囚われた呂雉は二人の話を聞き入れず、まだ歳若く野心の消え去らない韓信を処刑する。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集