順徳長公主(じゅんとくちょうこうしゅ、永楽18年(1420年) − 正統8年1月17日1443年2月16日))は、宣徳帝の長女(第一子)。母は恭譲皇后胡善祥

順徳長公主
続柄 宣徳帝第一皇女

称号 順徳長公主
身位 公主→長公主
出生 永楽18年(1420年
死去 正統8年1月17日1443年2月16日
(享年24)
配偶者 石璟
父親 宣徳帝
母親 皇后胡善祥
テンプレートを表示

経歴編集

宣徳3年(1428年)、母の胡善祥は病の上に男子がないという理由で廃されたが、公主の生活待遇は変わらなかった。

正統2年(1437年)、公主は石璟に降嫁した。正統8年(1443年)正月17日、公主は子供をもうけずに薨じた。2頃50畝[1]の土地を墓所にして賞賜し、黒石山に葬られた。胡善祥はその後まもなく亡くなった。

伝記資料編集

  • 『明故駙馬都尉石璟墓志銘』
  • 『国榷』

脚注編集

  1. ^ 明史』巻59:「正統十三年定親王塋地50畝。」順徳長公主の墓地は5倍。