須山計一

須山 計一(すやま けいいち、男性、1905年7月17日 - 1975年4月17日)は、漫画家洋画家美術評論家漫画評論家、社会運動家。昭和初期のプロレタリア美術運動に参加。生前、日本における漫画評論の第一人者として知られた。生前は一水会草炎会および日本美術会会員。別名義は宇野圭

明治38年(1905年)、長野県下伊那郡鼎村(鼎町を経て、現・飯田市)に生まれる。旧制飯田中学(長野県飯田高等学校)を経て、昭和5年(1930年)、東京美術学校西洋画科卒業。『文章倶楽部』(新潮社)、『戦旗』(戦旗社)などに漫画を執筆。『無産者新聞』に漫画「アジ太プロ吉」を連載。

昭和6年、日本プロレタリア美術家同盟の中央委員および書記長に就任。昭和8年、治安維持法違反で検挙・起訴され、懲役3年執行猶予5年の判決を受ける。

昭和16年から一水会に油絵を出品。21年に会員となる。

石井柏亭と親交があり、戦時中は信越国境の野尻湖畔にある石井の別荘に疎開していた。

昭和50年(1975年)4月17日午後1時58分、脳出血のため東京都世田谷区奥沢の大脇病院で死去。

著書編集

  • 現代世界漫画集(1936年・日本漫画研究会)
  • 漫画投書の手引(1936年・日本漫画研究会)
  • 漫画の技法(1950年・ 泰山堂)
  • ドオミエ(1953年・青木書店)
  • 世界の漫画 あぷれ・にっぽん(1954年・アソカ書房)
  • 漫画の歴史(1956年・美術出版社)
  • 漫画100年(1956年・鱒書房)
  • 日本の戯画 諷刺と抵抗の精神(1960年・社会思想研究会出版部)
  • 日本漫画100年 西洋ポンチからSFまで(1968年・芳賀書店)
  • 抵抗の画家 世界の美術ヒューマニスト33人(1970年・造形社)
  • 漫画博物誌 世界編(1972年・番町書房)

外部リンク編集