メインメニューを開く

須恵国造(すえのくにのみやつこ)は現在の千葉県小糸川流域にあった須恵国(後の上総国周淮郡)を支配した国造。周淮国造と表記されることもある。

概要編集

成務天皇の時代、茨城国造の祖・建許侶命の子である大布日意弥命が国造に定められたことに始まるとされ、兄弟関係にあった初代の馬来田国造である深河意彌尊と同時期に国造に定まったといわれる。

氏族編集

大布日意弥命茨城国造の祖・建許侶命の子)

本拠編集

上総国周淮郡。現在の千葉県君津市木更津市富津市の一部。富津市にある内裏塚古墳を始めとする内裏塚古墳群は、須恵首長又は国造一族の墓と言われているほか、弁天山古墳は5世紀末頃の須恵国造の首長墓と考えられている。

氏神編集

子孫編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集