メインメニューを開く

須江 雅彦(すえ まさひこ)は、日本官僚総務省大臣官房審議官財務省大臣官房審議官や、総務省統計局長、統計研修所長を経て、滋賀大学理事・副学長。

人物・経歴編集

東京都出身。1979年中央大学法学部法律学科卒業[1][2]総理府入府、大臣官房総務課内閣官房内閣参事官室配属。1986年沖縄開発庁総務局企画課課長補佐。1993年通商産業省産業政策局産業政策企画官。1995年総務庁恩給局審議課長。1997年日本学術会議事務局情報国際課長。1998年日本学術会議事務局庶務課長。1999年総理大臣官邸報道室長兼内閣官房内閣広報室内閣審議官。2000年内閣官房内閣広報室内閣審議官兼総理府政府広報室参事官。2001年内閣官房内閣広報室総括担当内閣参事官[3]

2003年内閣府沖縄担当政策統括官付総括担当参事官。2004年内閣府大臣官房参事官(大臣官房総務課担当)。2005年内閣府大臣官房人事課長。2006年日本学術会議事務局次長兼イノベーション25担当大臣特命室次長。2007年総務省大臣官房審議官財務省大臣官房審議官。2011年総務省統計局統計調査部長。2012年総務省統計局長。2014年総務省統計研修所長兼大臣官房統計情報戦略推進官。2016年から国立大学法人滋賀大学理事・副学長・附属図書館長として[4][3]、日本初となるデータサイエンス学部の新設にあたった[5]

脚注編集