メインメニューを開く

須臾(しゅゆ)は、10-15(1000兆分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。逡巡の1/10、瞬息の10倍に当たる。

朱世傑『算学啓蒙』(値が異なる)や程大位『算法統宗』に見えるが、現実には使われない。

メートル法SI接頭辞ではフェムト (f) に相当するが、現代の中国では音訳の「飛(fēi)」が使われる。

なお、須臾という言葉には、「しばらくの間」などの意味があり、「しばらく」と訓まれることもある。

関連項目編集