須藤満

日本のベーシスト (1964-)

須藤 満(すとう みつる、1964年12月14日 - )は、山形県山形市出身のベーシスト。血液型O型。

須藤 満
Mitsurusuto.jpg
須藤 満
基本情報
生誕 (1964-12-14) 1964年12月14日(55歳)
出身地 日本の旗 日本山形県山形市
学歴 東京学芸大学
ジャンル フュージョン
職業 ベーシスト
作曲家
担当楽器 エレクトリックベース
5弦ベース
活動期間 1986年 -
共同作業者 T-SQUARE
TRIX
MASATO HONDA with VOICE OF ELEMENTS
公式サイト MitsuruSutoh☆HomePage(須藤満公式ホームページ)

来歴編集

1987年発売のアルバム『TRUTH』から2000年発売の『T-SQUARE』まで、14枚のオリジナルアルバムに参加。また、ベーシストとしてだけではなく作曲家としても活躍した。
  • 2001年、フリーでの活動が一層活発になる。同年1月から9月にかけ「Favor Of My Friends」のタイトルを掲げ、各地でライブを敢行。また、他のミュージシャンとのセッションライブ、ライブサポート、レコーディングや楽曲・編曲の提供など多岐にわたり音楽活動の幅を広げる。
  • 2001年、出身地山形のJリーグサッカーチーム「モンテディオ山形」のオフィシャルテーマソング「Rushing Spirits」の作曲を担当。2003年3月22日、Village-Aのインディーズレーベルよりシングル盤としてリリース(限定1,000枚。c/w「OVER THE RAINBOW」)[1]
  • 2003年、T-SQUAREが結成25周年を迎え、『TRUTH』発表時のメンバーだった則竹裕之、和泉宏隆らと共に復帰。キーボーディストの河野啓三もサポートメンバーとして加わり、安藤まさひろ伊東たけしのオリジナルメンバーと共に、期間限定で当時の名称だった「THE SQUARE」として活動。
  • 2004年、元カシオペアのドラマー熊谷徳明、キーボーディスト窪田宏、ギタリスト平井武士と共に「TRIX」を結成。
  • 2006年、サックス(EWI)奏者の本田雅人、ドラマーの則竹裕之、キーボーディストの松本圭司と、メンバー全員が元T-SQUARE所属メンバーだったというバンド、「MASATO HONDA with VOICE OF ELEMENTS」を結成。同年7月26日にファーストアルバムをリリースした。
  • 2008年、T-SQUARE結成30周年を迎え、「T-SQUARE SUPER BAND」に参加。「The SQUARE〜T-SQUARE since 1978 30th Anniversary Festival “野音であそぶ”」やコンサートツアー「Wonderful Days」に参加した。

人物編集

  • T-SQUAREではMC (司会)も担当しており、脱退後のゲスト出演時や20周年、30周年などの節目のコンサートでは必ずMCを担当している[2]
  • T-SQUARE加入当初は使用していなかったが、現在は5弦ベースを使用。
  • 高校時代はアマチュアバンド活動と並行して応援団にも所属していた。
  • 2017年頃より口髭を貯えている。
  • 趣味のひとつにゴルフを挙げている。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • FAVOR OF MY FRIENDS (1997年11月21日、ソニーレコード、ASIN: B00005I8EF)
  • FAVOR OF MY FRIENDS (2000年10月12日、ヴィレッジ・レコード、ASIN: B00005HQ5Q)
  • Favor Of My Friends 2003 (2003年6月4日、ヴィレッジ・レコード、ASIN: B000091L9C)
  • Waking Up 〜Remember the day, 2011〜 (2011年12月7日、キングレコード・電気低音シリーズ、ASIN: B005OMBOKE

シングル編集

  • Rushing Spirits(2003年3月22日、Village-A)
須藤満(編曲・ベース)、米川英之(ギター)、高橋亜土(キーボード)、小森啓資(ドラム)、大迫浩(ミキサー)
  • (c/w)OVER THE RAINBOW
    • 須藤満(編曲・ベース)、米川英之(ギター)

脚注編集

  1. ^ モンテディオ山形オフィシャルソング RUSHING SPIRITS CD化決定のお知らせ”. モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト (2003年3月17日). 2019年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  2. ^ かつては和泉宏隆が担当することが多かったが現在は須藤で定着している。

関連項目編集

外部リンク編集