須藤 豊(すどう ゆたか、1937年4月21日 - )は、高知県安芸郡安芸町(現:安芸市)出身の元プロ野球選手内野手)・監督。現在は野球解説者

須藤 豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県安芸郡安芸町(現:安芸市
生年月日 (1937-04-21) 1937年4月21日(84歳)
身長
体重
173 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1956年
初出場 1956年3月21日
最終出場 1968年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1968 - 1975)
  • 横浜大洋ホエールズ (1980 - 1981)
  • 読売ジャイアンツ (1983 - 1989)
  • 横浜大洋ホエールズ (1990 - 1992)
  • 読売ジャイアンツ (1993 - 1995)
  • 西武ライオンズ (1997 - 1999)
  • 読売ジャイアンツ (2004)

現役時代は毎日・大毎巨人で活躍し、引退後は巨人・大洋西武のコーチ・二軍監督・監督を歴任した。

経歴編集

プロ入りまで編集

高知商業では2年生の時、遊撃手として片田謙二、小谷信雄のバッテリーを擁し1954年春夏の甲子園に出場。春の選抜では準々決勝に進むが、この大会に優勝した飯田長姫高の「小さな大投手」光沢毅に抑えられ惜敗[1]夏の選手権は準々決勝で榎本喜八らのいた早稲田実を接戦で降すが、準決勝では松浦三千男興津達男のいた静岡商に逆転負けを喫する[2]。同年の北海道国体では、決勝で片田が新宮高前岡勤也に投げ勝ち優勝を飾った。チームメートの片田、小谷、中堅手の門田良三はいずれも広島カープ入り。翌1955年夏は南四国大会決勝で城東高に敗れ、甲子園出場を逸する。

現役時代編集

1956年毎日オリオンズ1958年大映ユニオンズと合併し大毎オリオンズとなる)に入団。若手中心のチーム作りを志す別当薫監督・西本幸雄コーチの下、入団後2年間は正二塁手として活躍した。1957年には規定打席(11位、打率.278)にも達する。だが大映との球団合併にともない、大映の正二塁手だった佐々木信也にポジションを奪われ出場機会は減少、以後は守備固めでの出場が多くなる。1960年大洋ホエールズとの日本シリーズでは、1打席のみの出場に留まった。1961年から就任した宇野光雄監督との間に確執を生じ、1962年読売ジャイアンツトレード移籍。

ここでは藤本伸塩原明と二塁手の定位置を争う。1963年には船田和英が台頭し出場機会が減るが、1964年は57試合に先発出場、うち23試合に二番打者として起用され打率.280の好記録を残す。1965年には開幕から先発として起用されるが打撃が低迷。同年は土井正三の入団もあって、控えに回ることが多くなったが、脇役として存在感を示す。1965年の南海ホークスとの日本シリーズでは第1戦から第3戦まで先発出場。コーチ兼任となった1968年に現役を引退。

指導者時代編集

その後は二軍守備コーチ(1969年 - 1973年)を経て、1974年に一軍守備コーチとなったが、長嶋茂雄が監督に就任し1975年には球団創設以来、初の最下位に転落した責任と長嶋との対立もあり[3]、同年退団。6月の時点でユニホームを脱ぐことを決めていた[4]

日本ハムの監督大沢啓二ロッテの監督金田正一がコーチで声をかけてくれたが、「プロ野球はもういい」と思うくらいに打ちのめされていた[4]。その後、埼玉県川口市の鉄建用の丸棒メーカー「向山工場」でサラリーマン生活を4年間経験しながら、勤務先の休日にはニッポン放送解説者としても活動した。横浜大洋ホエールズでフロント入りしていた別当薫の誘いを受けて1979年11月7日に同球団の二軍監督に就任し、高木豊屋鋪要市川和正らを育てた[5]1981年退任。1982年には日本テレビ野球解説者に。以後は若手選手育成の手腕を買われ、セ・パ両リーグの監督・コーチとして活躍。監督の藤田元司の要請を受けて1982年12月2日に巨人へ復帰することが発表され、二軍守備・走塁コーチ(1983年 - 1984年)、一軍守備コーチ(1985年)を経て、王貞治の監督時代は1986年、ヘッドコーチに就任した国松彰の後任として二軍監督に就任。熱血漢と呼ばれ、「チームの勝利と育成の両立」に力を注ぎ、その熱い指導の下でイースタン・リーグ4連覇、ジュニア日本選手権3連覇も達成した。1989年に監督に復帰した藤田と吉村禎章の一軍昇格を巡り、確執があり[6]、翌年の大洋監督就任に伴い同年退団。

1990年には大洋の監督に就任。コーチ陣はヘッドコーチに江尻亮、投手コーチに小谷正勝、守備走塁コーチに米田慶三郎のOBを迎えて首脳陣も一新[7]野村弘樹が11勝を挙げて頭角を現し、この年から先発転向の高校の後輩、中山裕章開幕投手を務め、かつてのエース遠藤一彦が抑えで復活し、ジム・パチョレックが高木豊とのチーム内での争いを制し、首位打者を獲得した[7]。優勝した巨人に24ゲーム、64勝66敗ながら3位、チームを7年ぶりのAクラスに導く[7]。大洋ホエールズとしてのAクラスはこの年が最後。翌1991年は現役メジャーリーガーのR.J.レイノルズを獲得して打線の強化し、故障者続出もあり、5位に転落も[7]、前年と同じ勝ち星(64勝66敗)で、ただし、阪神が圧倒的最下位だったため、首位から5位までのゲーム差は10だった。野村がローテを守ってチームトップの15勝を挙げて、岡本透も11勝、リリーフでは2年目の佐々木主浩が守護神になり、中継ぎでは盛田幸妃が台頭する明るい話題も続出した[7]。しかし、オフに中山がスキャンダルを起こして逮捕され(解雇)、球界に衝撃が走った[7]。翌1992年ラリー・シーツを獲得し、打線の強化を図ったが序盤から低迷すると5月3日に休養した[7]。後任にはヘッドコーチの江尻亮が就任。

1992年10月26日、巨人の監督に復帰したばかりの長嶋の要請で巨人のヘッドコーチとして2度目の復帰[8]1994年には参謀役としてチームのリーグ優勝・日本一に貢献した。1995年10月6日シーズン終了後に退団することが発表された。その後は1996年には日本放送協会(NHK)野球解説者を経て、1997年に西武のヘッドコーチに就任。同年7月10日の近鉄戦で監督の東尾修が審判へ暴力行為を振るい3試合出場停止処分となり、3試合監督代行を務めた。1999年退任。2000年からはCS系の野球解説者を経て、2003年10月10日ヘッドコーチとして再び巨人に復帰。新監督の堀内恒夫の参謀役を期待されるもチームは思うように機能せず、2004年9月13日退団が発表された。

監督・コーチ時代には、プロ野球名鑑の趣味の項目に「しょうちゅうでの語らい」と記述していた[9]。同じく監督・コーチ時代には、抗議の際帽子を叩き付け顔を紅潮させるという一種のパフォーマンスを行っており、この事が平光清の著書でも触れられている。また、選手に対する鉄拳でも有名で、二軍時代の斎藤雅樹も須藤に殴られた事があるという。

フジテレビの「さらば、愛しきプロ野球…。」では、現役・指導者時代の長かった巨人時代を振り返り、「長嶋・王は、ともに選手を悪く言わなかったが、他人の言うことに耳を貸さない頑固な指導者だった」と語っている。

解説者時代編集

2005年からラジオ日本などの野球解説者、および四国アイランドリーグ高知ファイティングドッグスのアドバイサリースタッフにも就任した(現在は退任)。

野球解説も熱く、歯切れが良く、暖かみとユーモアにみちた解説が特徴で、『ズームイン!!SUPER』では前身の『ズームイン!!朝!』時代からレギュラーコメンテーターを務めていた。また、『ズームイン!!サタデー』のレギュラーコメンテーターもコーチ時代を除いて務めていた。現在は、夕刊フジ専属評論家としても活動している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1956 毎日
大毎
133 399 372 23 90 13 3 1 112 22 8 5 9 0 18 0 0 51 13 .242 .277 .301 .578
1957 110 409 370 42 103 16 6 1 134 34 3 6 6 4 29 0 0 43 8 .278 .331 .362 .693
1958 103 279 253 22 48 7 0 1 58 11 2 1 6 0 20 0 0 34 4 .190 .249 .229 .478
1959 42 84 75 5 10 2 1 1 17 4 2 0 2 2 5 0 0 13 1 .133 .188 .227 .414
1960 56 90 84 8 20 2 0 1 25 2 2 1 1 0 5 0 0 17 1 .238 .281 .298 .579
1961 60 122 118 8 27 3 1 1 35 6 2 0 0 0 3 0 1 19 2 .229 .254 .297 .551
1962 巨人 92 217 203 17 41 10 3 0 57 6 5 2 5 0 8 0 1 32 6 .202 .236 .281 .517
1963 73 120 113 9 18 2 1 0 22 3 3 3 0 0 7 0 0 11 1 .159 .208 .195 .403
1964 84 244 225 29 63 9 1 0 74 24 9 4 6 0 11 0 2 26 4 .280 .319 .329 .648
1965 98 220 195 14 45 4 0 1 52 19 3 3 7 4 14 1 0 21 5 .231 .282 .267 .549
1966 70 118 98 4 19 3 1 0 24 6 3 0 8 0 11 2 1 10 4 .194 .282 .245 .527
1967 37 47 43 2 11 2 0 1 16 6 0 1 1 0 3 0 0 7 1 .256 .304 .372 .676
1968 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:13年 959 2349 2149 183 495 73 17 8 626 143 42 26 51 10 134 3 5 284 50 .230 .277 .291 .568
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

年度別監督成績編集

年度 チーム 背番号 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1990年 平成2年 大洋 78 3位 133 64 66 3 .492 24 90 .266 3.94 53歳
1991年 平成3年 5位 131 64 66 1 .492 10 66 .269 3.74 54歳
1992年 平成4年 5位 131 61 69 1 .469 9 97 .249 3.75 55歳
通算:3年 288 138 147 4 .488 Aクラス1回、Bクラス2回

※1 1990年から1996年までは130試合制

※2 1992年は、休養する前の5月2日までの成績(7勝15敗)

※3 通算成績には1997年西武での監督代行3試合(3勝0敗)を含む

背番号編集

  • 31(1956年 - 1961年)
  • 30(1962年 - 1968年)
  • 79(1969年 - 1975年)
  • 72(1980年 - 1981年)
  • 78(1983年 - 1995年、2004年)
  • 77(1997年 - 1999年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集