須藤 隆一(すどう りゅういち、1936年8月15日 - ) は、日本の環境工学者。東北大学名誉教授。初代埼玉県環境科学国際センター総長。元環境省政策評価委員会委員長。

人物・経歴編集

群馬県出身。1959年群馬大学学芸学部自然科学科生物学専攻課程卒業。1960年国立公衆衛生院衛生技術学科衛生工学專攻課程修了、東京都下水道局技師。1968年東京大学応用微生物研究所助手。1974年東北大学理学博士国立公害研究所水質土壤環境部陸水環境研究室長。1987年国立公害研究所技術部長。1989年国立公害研究所技術部長兼水質土壤環境部長。1990年東北大学工学部土木工学科教授。2000年定年退職、東北大学名誉教授、埼玉県環境科学国際センター総長。2002年埼玉大学大学院理工学研究科客員教授。2004年特定非営利活動法人環境生態工学研究所理事長。2005年環境省政策評価委員会委員長、環境省中央環境審議会地球環境部会長。2006年滋賀県琵琶湖環境科学研究センターシニアアドバイザー、環境省中央環境審議会水環境部会長。2009年東北大学大学院工学研究科環境機能利用工学寄附講座客員教授。2011年埼玉県環境部顧問、埼玉県環境検査研究協会顧問。瀬戸内海環境保全審議会委員、科学技術会議ライフサイエンス部会委員、茨城県環境審議会委員、仙台市環境審議会委員[1][2][3][4][5]、日本水環境学会会長[6]、全国環境研協議会会長等も歴任した[7]

著書編集

  • 『廃水処理の生物学』産業用水調査会 1977年
  • 『活性汚泥法』思考社 1980年
  • 『環境浄化のための微生物学』講談社 1983年
  • 『水処理バイオ入門』産業用水調査会 1994年

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
新設
埼玉県環境科学国際センター総長
2000年 - 2011年
次代:
坂本和彦