頭巾山

頭巾山
標高 871 m
所在地 福井県大飯郡おおい町
京都府綾部市
京都府南丹市
位置 北緯35度22分38秒
東経135度32分4秒
座標: 北緯35度22分38秒 東経135度32分4秒
山系 丹波高地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

頭巾山(ときんざん)は、福井県大飯郡おおい町京都府綾部市および京都府南丹市の境にある標高871m丹波高地の山で、福井県と京都府の県境である。京都丹波高原国定公園に選定。

遠くから見ると山容が修験者の頭巾に似ているところから名づけられたといわれている。山頂には若狭国遠敷郡延喜式内社許波伎神社の避難小屋がある。

目次

自然編集

尾根部は強風により表土が露出した岩塊地が見られササが多く、樹木は低木である。山頂より北東に伸びる尾根の東側の急斜面上に樹高5-6mのホンシャクナゲの群落がある。ほかにもアセビネジキオオイワカガミなどが見られ、ヒノキスギブナ林が広がる雄大な山である。

野鹿の滝(のかのたき)編集

頭巾山中腹には落差30mの滝がある。その昔、戦に敗れて落ち延びようとした安倍氏土御門家)の別当石王丸が、滝壷から光を放つ薬師如来に逃げ道を教示されたという不思議な伝説が残されている。

周辺の山編集

脚注編集

関連項目編集