頼富 本宏(よりとみ もとひろ、1945年4月14日[1] - 2015年3月30日[2])は、日本仏教学者密教学専攻)、僧侶東寺真言宗実相寺住職)。種智院大学密教資料研究所所長・学術顧問。種智院大学名誉教授・元学長。空海研究、曼荼羅思想研究に加え、インドチベットの密教遺跡の現地調査も数度行っている。

来歴・人物編集

香川県出身。京都大学大学院文学研究科仏教学)博士課程満期退学。1988年「密教仏の研究 文献・美術遺品両面からの研究」[3]で京都大学文学博士種智院大学講師、助教授、教授、国際日本文化研究センター教授、2002-10年種智院大学学長。2011年種智院大学を定年退職、名誉教授および同大学学術顧問。1982年に朝日学術奨励賞、1995年密教学芸賞をそれぞれ受賞。2015年遷化。

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『関西御利益の寺社』(白木利幸との共著、朱鷺書房)1993
  • 『写経の鑑賞基礎知識』赤尾栄慶共著 至文堂 1994
  • 『密教仏像図典 インドと日本のほとけたち』下泉全暁共著 人文書院 1994
  • 『空海の歩いた道 残された言葉と風景』小学館 2003。永坂嘉光写真
  • 『曼陀羅の思想』(鶴見和子との共著、藤原書店)2005

編著編集

  • 図解雑学 般若心経』編著 今井淨圓那須真裕美著 ナツメ社 2003
  • 『聖なるものの形と場』編(法藏館)2004
  • 大日如来の思想』(春秋社)
  • 『大日如来の世界』編著(春秋社)2007
  • 『史上最強図解般若心経入門』編著 下泉全暁, 那須真裕美著 ナツメ社 2012

共編著編集

  • 『これからの真言宗葬儀法要法話事例死因男女世代別体系』宮坂宥勝監修、橋爪良恒山田一眞栗山秀純共編 四季社 1996
  • 『インド密教』(立川武蔵、春秋社)1999
  • 『チベット密教』(立川武蔵、春秋社)1999
  • 『中国密教』(立川武蔵、春秋社)1999
  • 『日本密教』(立川武蔵、春秋社)2000
  • 『道教的密教的辟邪呪物の調査・研究』大形徹坂出祥伸共編 ビイング・ネット・プレス 2005

翻訳編集

  • 『大乗仏典 中国・日本篇 8 中国密教』中央公論社 1988
  • 『日本の仏典 2 空海』筑摩書房 1988。共編訳・解説
    • 「弁顕密二教論・即身成仏義・声字実相義・吽字義・般若心経秘鍵・請来目録」を収録
    • 増訂版 『空海コレクション』(1・2)、ちくま学芸文庫 2004。宮坂宥勝監修、2は北尾隆心・真保龍敞共訳注
      • 1は「秘蔵宝鑰・弁顕密二教論」。2は「即身成仏義・声字実相義・吽字義・般若心経秘鍵・請来目録」を収録
  • 『現代語訳一切経 2』大東出版社 1997
    • 「大唐故大徳贈司空大弁正広智不空三蔵行状」を収録
  • 『弘法大師空海 法華経開題 傍訳』編著 宮坂宥勝監修 四季社 2010

監修編集

  • 『西蔵図像聚成』宮坂宥明共監修 四季社 2001
  • 『図解雑学 空海』監修 ナツメ社 2003
  • 『続・真言宗1分3分5分法話事例別集成』吉田宏晢共監修 四季社 2005
  • 『日本占法大全書』 佐々木宏幹藤井正雄山折哲雄共監修 四季社 2006
  • 『曼荼羅1分3分5分法話実例集成』監修 四季社 2007
  • 『ブッダを知りたい。 知られざるお釈迦様の素顔と仏教文化のすべて』監修 学研パブリッシング 2011
  • 『仏像のなぞとひみつ 種類から時代による造形の違いまで、仏像の見方を詳しく紹介 より深くより楽しく』監修 学研雑学百科 2011
  • 『入門日本の仏教宗派 私たちの国の仏教、その秘密に迫る』監修 学研パブリッシング 2013
  • 『空海と高野山 世界遺産・天空の聖地・開創1200年』PHP研究所 2015

記念論文集編集

  • 『マンダラの諸相と文化 頼富本宏博士還暦記念論文集』法藏館 2005

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 頼富本宏名誉教授追悼法要ならびに偲ぶ会のお知らせ”. 種智院大学 (2015年6月15日). 2020年9月21日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集


先代:
今井圓明
種智院大学学長
第10代:2002年 - 2010年
次代:
村主康瑞