額戸氏/強戸氏/合土氏(ごうどし)は、清和源氏の流れを汲む、新田氏の支族である。「額戸」の意味は渓谷を指すと伝わる。

概要編集

鎌倉時代・南北朝時代編集

新田義重の五男(または三男)の額戸五郎経義新田荘のうち東北部の額戸郷(現太田市強戸町)と長岡郷(現太田市西長岡町)と鶴生田郷(現太田市鶴生田町)と亀岡郷(現太田市亀岡町)と粕川郷(現太田市粕川町)を相続したのに始まる。

同族の山名氏里見氏世良田氏らとともに鎌倉幕府に出仕した。

永仁3年(1295年)鶴生田時綱は赤城神社を新田荘鶴生田郷に勧請し社殿を建立した。額田氏の額田政忠と額田為綱は新田義貞に従い南朝軍に属して活躍した。

室町時代編集

長岡氏(額戸氏)の庶子家の粕川氏は同郷の岩松氏とうの仲介により足利氏満に帰参し鎌倉公方府に出仕した。

足利家と元々同祖である粕川氏は、その後代々鎌倉公方(古河公方)の奉公衆として関東足利家に近侍し、やがて戦国時代をむかえたが その後関東足利家が中絶したので徳川家に仕えた。

合土氏(額戸氏)の分家の亀岡氏も世良田氏や里見氏と同じく鎌倉府に仕えた。


京都の額戸氏は足利家から足利一門(額戸殿)として処遇され奉公衆に列せられた。越前・越中など北陸道諸国に所領を認められ北陸地方で、 栄えた。

江戸時代編集

鶴生田氏は鶴氏と生田氏に分かれ江戸時代をむかえた。

庶家編集

系譜編集

新田義重ー額戸経義ー長岡氏経ー政氏(額田氏)ー氏長ー経長ー政長ー政忠ー為綱

              L経氏(長岡氏)ー経政ー長義ー義基ー長親

              L時綱(鶴生田氏)