メインメニューを開く

額田 坦(ぬかた ひろし[1]1895年9月5日 - 1976年9月21日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

額田 坦
生誕 1895年9月5日
日本の旗 日本 岡山県
死没 (1976-09-21) 1976年9月21日(81歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1917 - 1946
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

医師・額田篤太の三男として生れる。岡山一中広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1917年(大正6年)5月、陸軍士官学校(29期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第54連隊付となる。1928年(昭和3年)12月、陸軍大学校(40期)を卒業した。

歩兵第40連隊中隊長、教育総監部付勤務、教育総監部課員、ドイツ駐在、陸軍歩兵学校教官などを歴任。1936年(昭和11年)12月、陸軍省人事局課員となり、人事局補任課長、独立歩兵第11連隊長、陸士生徒隊長などを経て、1941年(昭和16年)10月、陸軍少将に昇進した。

1942年(昭和17年)12月、参謀本部総務部長となり、同第3部長を経て、1945年(昭和20年)2月、最後の陸軍省人事局長に就任し、翌月に陸軍中将に進級した。同年12月、予備役に編入され第一復員省業務局長に就任。1946年(昭和21年)3月、召集解除となった。

1948年(昭和23年)7月から1952年(昭和27年)2月まで、戦犯容疑で巣鴨プリズンに拘留された。後に千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会理事長を務めた。

家族親族編集

著書編集

  • 『秘録宇垣一成』芙蓉書房、1973年。
  • 『陸軍省人事局長の回想』芙蓉書房、1977年。(『額田坦回想録』は抜粋再編集版)東條英機自殺未遂事件について米軍MP銃撃説となる事実告白を記述し、後年保阪正康らの実証研究により否定され歴史捏造の批判を受けた。

また、インパール作戦での牟田口廉也に対して同情的見解を寄せている。

  • 編『世紀の自決 - 日本帝国の終焉に散った人びと』改訂版、芙蓉書房、1975年。
  • 『額田坦回想録』 芙蓉書房出版、1999年。(『陸軍省人事局長の回想』の抜粋再編集版)

脚注編集

  1. ^ 『額田坦回想録』奥付による。

参考文献編集

  • 額田坦追悼録編纂会編『追悼額田坦』芙蓉書房、1977年(非売品)。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。