額田部駅(ぬかたべえき)は、かつて奈良県大和郡山市額田部町にあった近畿日本鉄道(近鉄)法隆寺線である。

額田部駅
ぬかたべ
NUKATABE
大和安堵 (2.5 km)
(0.3 km) 平端
所在地 奈良県大和郡山市額田部町
北緯34度36分26.3秒 東経135度46分43.1秒 / 北緯34.607306度 東経135.778639度 / 34.607306; 135.778639座標: 北緯34度36分26.3秒 東経135度46分43.1秒 / 北緯34.607306度 東経135.778639度 / 34.607306; 135.778639
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 法隆寺線
キロ程 3.8 km(近畿日本法隆寺起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1915年大正4年)2月7日
廃止年月日 1952年(昭和27年)4月1日*
* 1945年(昭和20年)2月11日から休止。
テンプレートを表示

歴史

編集

構造

編集

待避設備のない、棒線状のホームだったようである。

駅周辺

編集

現在駅周辺は民家が建ち並んでおり、駅跡の痕跡は残っていない。少なくとも1984年まではホームの形が残っていたようである。廃止になった当駅に代わって、奈良交通の「額田部」バス停留所が設置されたが、2009年(平成21年)に平端駅ゆきバス路線の廃止により、バス停留所も撤去されている。

隣の駅

編集
近畿日本鉄道
法隆寺線
大和安堵駅 - 額田部駅 - 平端駅

脚注

編集
  1. ^ 官報 第756号(大正4年2月10日) 軽便鉄道停留所設置』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ 官報 第2506号(大正9年12月8日) 鉄道譲渡』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  3. ^ 天理軽便鉄道 、奈良県立図書情報館、2022年1月29日閲覧

参考文献

編集

関連項目

編集