メインメニューを開く

願いの詩/太陽』(ねがいのうた/たいよう)は、コブクロ5枚目のシングル2002年7月10日発売。発売元はワーナーミュージック・ジャパン

願いの詩/太陽
コブクロシングル
初出アルバム『grapefruits
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
  • 週間14位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
コブクロ シングル 年表

2002年
願いの詩/太陽
(2002年)
雪の降らない街
(2002年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 前作「風」以来約5ヶ月ぶりのシングル。オリコン初登場14位。
  • 「願いの詩」は朝日放送系列で毎年夏に放送されている『全国高校野球選手権大会中継』の2002年度オープニングテーマとなった。ちなみに前年度の2001年はフォークデュオとしての先輩である19の楽曲がテーマソングとなっていた。
  • 「太陽」はインディーズ時代から歌われている曲で、小渕のコメントによれば「バラードだらけだった当時では異色のアップテンポ曲」。転入生(というより両親が転勤族の娘)に惚れやすかった自分自身がモデルになっているようである。折角恋をして仲も良くなったのに最後には相手が転校してしまうというオチになっており、演奏終了直後に小渕が「転校しちゃった…。」と嘆き、それに対して黒田が笑う様子が小さい音ながら吹き込まれている。
  • カップリングの「ゆらゆら」はコブクロの楽曲で最も演奏時間が短い曲(2分27秒)で、アルバム未収録。
  • このシングルの発売当時のテレビCMでは、タレントのテリー伊藤が出演していた。

収録曲編集

全曲作詞・作曲:小渕健太郎、編曲:笹路正徳

  1. 願いの詩
  2. 太陽
  3. ゆらゆら
  4. 願いの詩 (Instrumental)
  5. 太陽 (Instrumental)

その他編集

収録アルバム編集

※「ゆらゆら」はアルバム未収録