メインメニューを開く

顧忠チン

顧忠琛から転送)
本来の表記は「顧忠琛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

顧 忠琛(こ ちゅうちん)は清末民初の軍人・政治家。南京国民政府(汪兆銘政権)の要人。

顧忠琛
Gu Zhongchen.jpg
プロフィール
出生: 1860年咸豊10年)
死去: 1945年民国34年)7月31日
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国
出身地: 清の旗 江蘇省常州府無錫県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 顧忠琛
簡体字 顾忠琛
拼音 Gù Zhōngchēn
和名表記: こ ちゅうちん
発音転記: グー ジョンチェン
ラテン字 Ku Chong-ch'en
テンプレートを表示

事跡編集

清末に安慶安徽)武備学堂監督をつとめた。しかし、学生の柏文蔚らが中国同盟会に参加したため、顧忠琛は清朝に猜疑されて、南京の閑職に左遷された。

辛亥革命に際しては、顧忠琛は江浙聯軍総参議として革命派に加わった。1924年民国13年)5月、孫文(孫中山)の下で北伐討賊軍第4軍軍長に任命されている。

1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)の南京国民政府において監察院副院長に任命された。1944年(民国33年)11月、立法院長に転じた梁鴻志の後任として監察院院長に昇格している。

日本敗北直前の1945年(民国34年)7月31日、死去。享年86。

参考文献編集

   南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
梁鴻志
監察院長
1944年11月 - 1945年7月
次代:
(廃止)