顧 邵(こ しょう、184年 - 214年)は、中国後漢末期の政治家孝則[1]。父は丞相となった顧雍[1]。母は陸康の娘。弟は顧裕(顧穆)・顧済。子は顧譚[2]顧承[1]正室は陸氏(陸遜陸瑁の姉妹)。継室孫策の娘[1]

生涯編集

少年の頃から博識で知られており、母の弟の陸績と並び称され、陸遜・張敦卜静は顧邵に及ばないと言われた。顧邵と親交を結ぶために四方から人が訪れ、名声は遠方まで届いた。孫権はその名声を聞き、孫策の娘を顧邵に嫁がせた。

建安15年(210年)、龐統周瑜を届け喪を弔うために呉へ赴いた。顧邵は陸績・全琮らと共に龐統と親交を結び、龐統から 「駑牛能負重致遠(足が遅いが力のある牛)」と評された。

同年、27歳で出仕し、孫鄰の後任として豫章太守となった[1]。陋習を廃止し、優秀な人材は身分を問わず抜擢するなど、優れた治績を挙げた。

優れた人物眼を持ち、丁諝張秉吾粲殷礼を見出して孫権に推挙した。

建安19年(214年)、太守在任中に31歳で死んだという[1]

潁川周昭は、歩騭諸葛瑾厳畯張承・顧邵の人物を比較し、賞賛する書物を残した。

逸話編集

南朝殷芸が集めた『小説』には顧邵の話が収録されている[3]

顧邵は豫章太守となった後 、学校を建てて重んじ、寺を淫祠であるとして取り壊した。廬山の廟を取り壊す際には、周りの人は顧邵を諫めたが、顧邵は聞き入れなかった。夜、突然訪問客が来る声がして怪しく思っていると、住職のような格好をした人物が現れ、自分は廬山君であると名乗った。顧邵は席を勧め、鬼のような雰囲気を持った客は入ってきて座った。顧邵は春秋左氏伝を愛読していたので、二人は一晩中それについて話し合った。顧邵が「晋の景公の夢(病膏肓に入るの故事)に出て来た大厲は昔も今も同じように存在しているだろうか?」と問うと、廬君は笑いながら「大は今も在るけれども、厲はそうではない」と答えた。そのうち灯が尽きてしまったが、顧邵は改めて着けず左伝を燃やして灯代わりとして論議を続けた。客は頻りに暇を乞うたが、顧邵は引き止めた。客は本当は顧邵に危害を加えようと訪ねたが、彼が静かな態度で隙がなかったので和解を求めに来たと言い、廟を元の通りに復元してほしいと熱心に頼んだ。顧邵は笑って取り合わなかった。客は怒って席を立ち、「今日は君に復讐することが叶わなかった。三年の内に君は病気になるだろう。その時に乗じて復讐を遂げよう」と言った。顧邵は左氏伝論を続けようとしたが、客は姿が見えなくなってしまった。3年後、果たして顧邵は病を得、夢でこの廬君が自分を撃ち、再び彼に寺の修復を勧めるのを見た。顧邵は断って「邪道は正道には勝てない」と答えた。まもなく死去した。[4]

家系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧奉
 
 
 
顧雍
 
顧邵
 
顧譚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧承
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧裕顧穆
 
 
顧禺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧済
 
 
顧栄
 
顧毗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧徽[ft 1]
 
顧裕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧向
 
顧悌[ft 2]
 
顧彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧礼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧謙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧秘
 
顧参[ft 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧寿[ft 4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧衆[ft 5]
 
顧昌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顧容
 
顧相
 
 
顧和[ft 6]
 
顧淳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. ^ 三国志巻52裴注に呉書を引いて曰く「雍母弟徽」とある。
  2. ^ 三国志巻52裴注に呉書を引いて曰く「雍族人悌」とある。
  3. ^ 晋書巻57に「秘子参」とある。
  4. ^ 晋書巻57に「参弟壽」、晋書巻76に「衆兄壽」とある。
  5. ^ 晋書巻76に「驃騎将軍栄之族弟也」とある。
  6. ^ 晋書巻83に「侍中衆之族子也」とある。


参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 中国の思想刊行委員会 1994, p. 110.
  2. ^ 中国の思想刊行委員会 1994, p. 111.
  3. ^ 太平広記巻293、雑鬼神志怪第八話に類話。
  4. ^ 富永一登『魯迅輯『古小説鈎沈』校釈-『幽明録』(八)』