風と共に去る20ドル!?』(Twenty Bucks) は、1993年に製作されたキーヴァ・ローゼンフェルド監督、リンダ・ハントブレンダン・フレイザー出演の群衆コメディ映画である。

風と共に去る20ドル!?
Twenty Bucks
監督 キーヴァ・ローゼンフェルド
脚本 レスリー・ボーム
エンドレ・ボーム
製作 カレン・マーフィ
出演者 リンダ・ハント
ブレンダン・フレイザー
グラディス・ナイト
エリザベス・シュー
音楽 デヴィッド・ロビンス
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 マイケル・ルシオ
配給 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年10月22日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概要編集

1993年に製作された本作は、風に舞った一枚の20ドル札を巡って起こる人間模様をコミカルに描いたコメディ映画である。日本では劇場未公開に終わっているが、出演陣は個性派俳優たちがこぞって出演しており、『危険な年』でアカデミー助演女優賞を獲得したリンダ・ハントをはじめ、ブレンダン・フレイザーエリザベス・シュークリストファー・ロイドスティーヴ・ブシェミ、そして歌手グラディス・ナイトらが顔を並べる。興行的にはいまいちな結果を残したが、オムニバス形式の群集劇としてまとまりのある佳作となっている。

あらすじ編集

とあるATMで1人の女性が預金を引き下ろした。その時、その中の20ドル札が風に舞ってしまう。その紙幣は巡り巡って、とあるカップルの元へ辿り着く。サム(ブレンダン・フレイザー)は、チューインガム会社の社長令嬢であるアンナ(サム・ジェンキンス)との結婚を控えていた。サムは結婚の祝いにと、アンナの父親から20ドル札をもらうのだが、独身最後のバチェラー・パーティーでその20ドルをストリッパーのTバックに突っ込む。ストリッパーはさらにその20ドルをマコーマック婦人(グラディス・ナイト)へ支払い、マコーマック夫人は孫のプレゼントのためにその紙幣を使用。その後も20ドル紙幣は様々な人間の元へ渡り、それぞれのドラマに関係していく。

スタッフ・キャスト編集

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集