メインメニューを開く

風の中の子供』(かぜのなかのこども)は、坪田譲治による、日本の児童文学作品。新聞連載作品として執筆され、のちに単行本化される。その後、映画化、テレビドラマ化もなされた。岡山市役所いずみ書房創業者の酒井義夫は、本作を坪田の代表作であると紹介する[1][2]。本項では、映像化作品についても記述する。

概要編集

東京朝日新聞の夕刊に1936年9月から11月まで連載された[1]。坪田の出身地である岡山市を舞台に、坪田作品にシリーズとして登場する善太と三平の兄弟[3]が、大人の過酷な世界(父親が無実の罪で逮捕される)の中で生きる姿を描いている[1][4]

連載終了後の1936年12月に竹村書房から単行本が刊行された[4]

あらすじ編集

賢兄愚弟の典型のような兄弟がいる。弟の名は三平。母は、優秀な兄貴と対照的に、乙と丙ばかりで甲がひとつもない三平が心配でしょうがないが、父は結構なことだと思って気にしない。そんなとき、父が私文書偽造の容疑で逮捕され、三平は叔父に引き取られることになる。そして、事態は思わぬ方向へ向かう。

映画版編集

松竹の製作で、1937年11月11日に公開された。小津映画の顔になる前の笠智衆が脇役で登場。

スタッフ編集

キャスト編集

テレビドラマ版編集

テレビドラマは、1964年TBS系列の『明星杉の子劇場』(月曜18:00 - 18:30。明星食品一社提供)、1965年NHK総合の『こども劇場』(日曜9:00 - 9:30)、1974年に同じくNHK総合の『少年ドラマシリーズ』(当時月曜 - 木曜18:05 - 18:30)で、それぞれ放送された。いずれも原作は同じだが、タイトルは微妙に違っている。

明星杉の子劇場版編集

風の中の子ども』というタイトルで、1964年7月6日から同年9月28日まで放送。初のドラマ化と共に、唯一の民放での放送でもある。また『明星杉の子劇場』では最後の作品。

こども劇場版編集

風の中のこども』というタイトルで、1965年3月14日に放送。唯一の単発作品。無名時代の古谷徹声優)が出演。

キャスト編集

少年ドラマシリーズ版編集

原作通りの『風の中の子供』で、1974年8月27日から同年9月4日まで放送。善太役の佐藤宏之は後に『忍者キャプター』で泉敬太(風忍キャプター6)を演じ、三平役のすのうち滋之(当時:簾内)は後に『少年探偵団』『5年3組魔法組』にレギュラー出演する。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 坪田譲治の代表作 - 岡山市役所(坪田譲治の世界)
  2. ^ 酒井義夫. “『風の中の子供』 の坪田譲治 (児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ)”. 2016年2月21日閲覧。
  3. ^ キャラクターとしての初出は1934年の作品である(善太と三平 - 日本大百科全書(コトバンク))。
  4. ^ a b 風の中の子供 - 子どもの本 いま・むかし(大阪府立国際児童文学館)

参考文献編集


TBS 月曜18時台前半枠
前番組 番組名 次番組
風の中の子ども
(1964年版)
TBS系 明星杉の子劇場
ああ無情
風の中の子ども
(1964年版)
(廃枠)
NHK総合 こども劇場
教室でこんばんは
風の中のこども
(1965年版)
東京よ こんにちは
NHK総合 少年ドラマシリーズ
風の中の子供
(1974年版)