風博士」(かぜはかせ)は、坂口安吾掌編小説である。1931年(昭和6年)6月1日発行の雑誌『青い馬』(岩波書店、1931年 - 1932年)第2号に掲載され、発表された。

風博士
作者 坂口安吾
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 短編小説掌編小説
発表形態 雑誌掲載
初出青い馬1931年6月号(第2号)
刊行 山河書院 1948年
収録 『黒谷村』 竹村書房 1935年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

概要編集

1930年(昭和5年)11月、24歳の坂口安吾が葛巻義敏江口清らと創刊した同人誌『言葉』が翌1931年の第2号で廃刊となり、その後継誌『青い馬』を同年5月に創刊した。翌月1日の第2号に坂口が執筆、掲載した小説が『風博士』である。同作は、発表と同時に牧野信一から絶賛され、島崎藤村に賞賛された『黒谷村』とともに、坂口が「作家」として認められていくきっかけとなった作品のひとつとなった。

本作は、第二次世界大戦前に発表されたごく初期の作品であるが、坂口の死後もウェブブラウザ風博士」のネーミングの由来となったり、翻案作品も創作されるなど根強い評価を得ている。

2005年2月17日に著者である坂口の没後50年が経過したため著作権が消滅し、現在、青空文庫で読むことができる。

あらすじ編集

風博士の自殺を偽装した嫌疑をかけられている主人公が警察に対して、蛸博士との確執により風博士が自ら死を選んだこと、風博士が消えた状況から自殺は明白であること、などを語る様を滑稽に描くナンセンス作品。

登場人物編集

書誌情報編集

同作の所収雑誌、書籍の一覧である。

翻案作品編集

ラジオドラマ編集

風博士〜坂口安吾「風博士より」〜』と題して1989年別役実の作演出、中村伸郎すまけい高木均高樹沙耶の出演、多田和弘の演出によりラジオドラマ化されている。同年5月27日NHK-FM放送FMシアター」で放送された。

舞台(2003年)編集

劇団21世紀FOXの第53回公演のタイトルも『風博士-KAZE HAKASE』(作北村想、演出肝付兼太、2003年)である。

舞台(2019年)編集

シス・カンパニー公演 日本文学シアターVol.6【坂口安吾】「風博士」』と題し、シス・カンパニー北村想が日本文学へのリスペクトを込めてオリジナル戯曲を上演する「日本文学シアター」シリーズの第6弾として、北村の脚本、寺十吾の演出で2019年11月から2020年1月にかけて東京・世田谷パブリックシアターおよび大阪森ノ宮ピロティホールにて上演された[1][2]

キャスト編集

スタッフ編集

上演日程編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集