メインメニューを開く

風小僧』(かぜこぞう)は、北村寿夫原作の『紅孔雀』に登場する風の小六の別名。および、風の小六を主役にした東映製作の時代劇。本項では時代劇版を詳述する。

テレビ編集

東映が製作した初のテレビ作品である[1][2][3]。全部で52話製作されているが、放送局によっては順番差し替えや未放送となっている。

1958年12月2日西日本放送(RNC)で初放送。同月には静岡放送(SBS)、RKB毎日放送(RKB)などでも放送された。1959年には三洋電機一社提供により、開局間もない日本教育テレビ(NET)にて2月3日 - 12月29日の19時00分 - 19時30分に放送された(全48話)。関西地区では、NETとネットワークを結んだ毎日放送(MBS)が3月1日に開局したため、3月3日 - 12月29日の放送であった(全44話)。

NETでの放送では、1959年10月24日に25.4%の視聴率(世帯)を記録した[4]

少年時代を描いた第1部(第13話まで)と、成人後を描いた第2部(第14話以降)の2部構成[注釈 1]。第2部の台本ではタイトルが『続風小僧』と記された。年齢設定の変更は第1部で主演を務めた目黒ユウキが中学進学により降板したためであった[1]。第1部でも好調であったが第2部でさらに人気となり、第2部で主演を務めた山城新伍を主演として次番組『白馬童子』が制作された[1]

東映によると、原版(ネガフィルム)やポジフィルムは行方不明であるが、テレビドラマ版を基に再編集し全25作に分割した劇場用ブローアップ版のフィルムが発見された[5]。2016年4月に「復刻版」として東映チャンネルにて放送されている。

東映ビデオ株式会社から上記の劇場用ブローアップ版の全25作を収録したデジタルリマスター版のDVDBOXが発売された。

第1部編集

奥州煙ヶ獄城城主・鈴木氏勝が元家臣の煙丸に謀殺され、煙ヶ獄城は煙丸に乗っ取られる。氏勝の子・小六は疾風之介に風神の術を学び、風小僧として風神の術を使い、煙ヶ獄城再興のため戦う。

出演
ほか

第2部編集

成人して城主となった小六が、風神の術や山彦剣法を使い、庶民のために悪人と戦う。

出演

スタッフ編集

主題歌編集

第一部「風小僧」
作詞:小笠原久夫 / 作曲:山田栄一 / 歌:目黒ユウキ(初期)、百合草テルミ、ポリドール・オーケストラ
第二部「風小僧」
作詞:小笠原久夫 / 作曲:吉田栄治 / 歌:青山児童合唱団
第一部と第二部の主題歌は、同名異曲である。

カバー版としては、小笠原久夫が所有していたサンプル盤の音源を元に採譜・新たに録音したものが1983年ユピテルレコードから発売されたLP『これ知ってるかい…? 懐かしのテレビ・ラジオ主題曲集』に収録された[6]

映画編集

山城新伍主演で制作されたテレビシリーズを再編集し、子供向け併映作品として作られたもの。

「復刻版」によると全部で25作作られている。下記3作品は1960年に劇場公開されている。

風小僧 風雲虹ヶ谷編集

出演

風小僧 風流河童剣編集

出演
  • 風の小六:山城新伍
  • 八田睦斎:佐橋敏一
  • 久太:山本順大
  • 玉緒:光美知子
  • 上月左門:団徳麿
  • 河童仙人:南方英二
  • 影原一真:東日出雄

風小僧 流星剣の舞編集

出演

雑誌連載編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「復刻版」では、第26話 - 第39話を「第3部」、第40話 - 第52話(最終話)を「第4部」としている。

出典編集

  1. ^ a b c 全怪獣怪人』上巻、勁文社、1990年3月24日、41頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  2. ^ 石橋春海『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、31頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  3. ^ 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.4 特捜戦隊デカレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年4月25日、4頁。ISBN 978-4-06-509515-7
  4. ^ 『テレビ朝日社史 ファミリー視聴の25年』全国朝日放送、1984年、366頁。
  5. ^ 【4月から8ヶ月】幻のTVシリーズ『風小僧』を劇場版で復刻放送!! 東映チャンネル 2016年3月1日
  6. ^ 読売新聞』1983年8月19日付夕刊、11頁。

外部リンク編集