メインメニューを開く

風月堂(ふうげつどう)は、日本喫茶店東京都新宿区にて、1946年から1973年まで営業した。名曲喫茶の先駆けともいえる。

風月堂
FUGETSUDO
店舗概要
所在地 東京都新宿区角筈1丁目1番地
開業日 1946年
閉業日 1973年8月31日
正式名称 風月堂
後身 新宿三越アルコット

ビックロ
最寄駅 新宿駅
テンプレートを表示

来歴編集

横山五郎が、家業の潤沢な資金とクラシックレコードのコレクションを売りとして、新宿東口の角筈(つのはず)1丁目(後の新宿3丁目の新宿三越アルコット→ビックロ付近)に開業。 戦時中禁止されていたクラシックレコードをかける喫茶店としてスタートした。

滝口修造白石かずこ天本英世三枝成章三國連太郎ビートたけし野坂昭如五木寛之岡本太郎栗田勇岸田今日子長沢節朝倉摂谷川俊太郎唐十郎安藤忠雄寺山修司若松孝二高田渡蛭子能収ら、若き才能が数多く集った。レコードのコレクションは充実しており、NHKも借用にくるほどであった。

1964年東京オリンピックでは、外国人観光客向けガイドブックでも「日本のグリニッジ・ヴィレッジ」と紹介され、外国からの若者やヒッピーの間でも「Fugetsudo」の名は東京の代名詞にまでなり、若者文化の聖地、若き才能のるつぼと呼ばれるまでになった。

1960年代後半の全共闘運動時代には、新左翼の活動家や学生が出入りするようになり、公安警察が監視していた。作家・山崎朋子は、店のウエイトレスをしていたこともある。ベ平連活動家の拠点ともなり、ベトナム戦争従軍米兵の脱走兵をかくまっていたこともたびたびあった。さらにフーテンも出入りするようになり、かつての芸術喫茶は大きく変貌を余儀なくされ、常連の客足も遠のき、1973年8月31日、戦後の新宿文化を象徴した名曲喫茶「風月堂」は閉店し、27年の歴史に幕を閉じた。現在は三越の壁面にプレートが残るのみである。

外部リンク編集