風間トオル

日本の俳優

風間 トオル(かざま トオル、1962年8月19日 - )は、日本俳優。神奈川県川崎市出身。

かざま とおる
風間 トオル
本名 須藤 光春 (すどう みつはる)
生年月日 (1962-08-19) 1962年8月19日(58歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市中原区
国籍 日本の旗 日本
身長 175cm
血液型 O型
職業 俳優タレントモデル
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台、バラエティ
活動期間 1981年 -
活動内容 1989年:俳優として活動を開始
配偶者 独身(離婚歴あり)
事務所 ホリ・エージェンシー
公式サイト 風間トオルオフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
ママのベッドへいらっしゃい
はみだし刑事情熱系』シリーズ
毛利元就
科捜研の女』シリーズ
映画
大誘拐
テンプレートを表示

経歴・キャリア編集

川崎市中原区出身で、川崎市立西丸子小学校川崎市立中原中学校神奈川県立川崎北高等学校と、小学校から高校まで地元の川崎市内の学校を卒業[1]東京デザイン専門学校卒業。

メンズノンノ」で阿部寛とともにノンノ・ボーイフレンドに選ばれる。その後「チェックメイト」等の雑誌モデルを経て、1989年、フジテレビ系列のドラマ『ハートに火をつけて!』で役者デビュー。

人物編集

過去に結婚したが、離婚している[2]

サーフィンが趣味で、中学生の頃からショートボードを続けている。海岸を散歩する時は、積極的にゴミを拾うようにしている。他にも収録現場には、マイボトルを持参し紙コップは使わないようにしたり、上記の料理の際には、野菜の皮や芯も使い、極力ゴミを減らすようにする等の工夫をしている。2001年から愛犬を飼っており、ゴールデンレトリバーで名前はロコ助六銀之助(通称ロコ)[3]。長く渋谷区に住んでいたが、愛犬の事も考え、湘南に移り住んだ。

1967年、5歳ほどで両親が離婚。そのうちに父親もいなくなり、祖父母のもとで過ごした。食べるものがないため家の前の公園などで草を物色して、草やタンポポを食べたりしていた。小学校の頃から祖父が認知症になり、深夜の徘徊を監視するなど介護にも追われる日々であった。高校より独り暮らしを始めるが、冷蔵庫がないので冷蔵庫に入れるような物は土に埋めたのも役に立ったという[4]。子供の頃は風呂がなく代わりに洗濯機に入ってスイッチを入れて体を洗っていた。その後生まれて初めて一般的な銭湯に行った時に「プールみたい」と思った。また、生活費や授業料などを払うためにバイトに明け暮れ、睡眠時間はだいたい2時間ぐらいだったという。不良になる暇もオートバイを買う金もなかったという[5]

6歳の時(1968年から1969年頃)、保護者である祖父母のうっかりで小学校への入学の申し込みをし忘れ、1年後に入学。その後高校3年まで、1年遅れの学年に通学した。若い時は交通費がなくて10駅ぐらいはよく歩いて移動し、川崎から渋谷まで歩いて行ったこともあったという。ただし、ある時映画を見るために歩いて行ったが時間がかかりすぎて映画も見ないまま、そのまま夜遅くに帰ることがあったという[4]。貧乏時代に数日間同じ服を着ていたことがあり、その時に「裏返しに服を着る」ということをやるようになったが、モデルになった後も服を裏返しに着るというスタイルが意外にももてはやされるようになった。また、ある日たまたま左右別々の靴下を履いて仕事場に行ったところ、スタッフから「それいいね〜」などと褒められたことがあり、本人は、さすがにビックリしたという[4]

川崎市出身で同姓の風間八宏が監督をしているという縁から、同市で活動するプロサッカークラブ、J1川崎フロンターレから2014年3月2日に行われる2014年開幕戦の試合前に行われる始球式イベントへの出演依頼を受けた[1]。試合当日には背番号に「106」番と入ったユニフォーム姿で登場し、川崎市等々力陸上競技場に詰めかけた観客の前で挨拶をした後、チームマスコットのふろん太を相手にゴールを決め、写真撮影ではフロンターレの中村憲剛に花束贈呈と一緒の記念撮影をした[6]

少年時代から視力が「3.0」だったということがあり、友人たちと埼玉県秩父に遊びに行った帰り、電車を待っていた時に反対側のホームにある時刻表を読み取ることができたという。驚異の視力の良さについては「空とか遠くばかりを見ていたからだと思います。みんなも一緒だと思っていたので気づかなかった」。アフリカ旅行時、誰よりも早くキリン等を見つけてしまい、「私の仕事が無くなる」とコーディネーターに言われたことがある[7]

出演編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

映画編集

配信ドラマ編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

CM編集

著書編集

  • ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 (中央公論新社 2016年3月20日)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 川崎フロンターレ公式サイト 2014年2月17日付リリース 「3/2 神戸「開幕戦イベント」開催のお知らせ 「風間がタイトルをトール!!!」」
  2. ^ 風間トオル、結婚生活11ヶ月。離婚にまつわる噂と娘の真相
  3. ^ 当時の自身の役名と、愛犬に付けたい名前を全て集約したとのこと。ロコとはローカル・サーファーの略。
  4. ^ a b c ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 第1章「5歳で体験した一家離散」、第2章「恐るべし貧乏力」
  5. ^ ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 第2章「恐るべし貧乏力」、第4章「同情なんてクソくらえ!」
  6. ^ 日刊スポーツ2014年3月2日付 「川崎F「カザマ」つながりで風間トオルが
  7. ^ 極貧エピ満載の風間トオル 少年時代の視力は3・0!隣ホームの時刻表見えた”. スポーツニッポン (2016年4月13日). 2016年9月22日閲覧。
  8. ^ “風間トオルが女子大生に憑依!新木優子主演「インターン!」今秋公開”. 映画ナタリー. (2016年6月10日). http://natalie.mu/eiga/news/190350 2016年6月10日閲覧。 
  9. ^ 新キャストを迎えヒット作を13年ぶりに再演 風間トオル&音無美紀子&とよた真帆出演『嫁も姑も皆幽霊』が開幕”. シアターガイド (2015年8月21日). 2015年8月24日閲覧。

外部リンク編集