メインメニューを開く

風間 完(かざま かん、1919年1月19日 - 2003年12月27日)は、日本の挿絵画家である。美人画、風景画に加え、数々の新聞雑誌小説の挿絵を手がけ、1966年昭和41年)の朝の連続テレビ小説おはなはん」(NHK)のタイトル画などでも知られる。

かざま かん
風間 完
生誕 1919年大正8年)1月19日
日本の旗 日本 東京
死没 (2003-12-27) 2003年12月27日(84歳没)
出身校 東京高等工芸学校
職業 画家

人物編集

1939年昭和14年)に東京高等工芸学校を卒業後、2年間兵役に服し、病を得て帰還後、内田巖、猪熊弦一郎荻須高徳に師事した。

1953年昭和28年)、朝日新聞夕刊小説の邦枝完二「恋あやめ」で挿絵デビュー、翌年には新制作派協会会員となった。1957年昭和32年)から2年間パリへ留学、グランド・ショーミエール研究所で学び、版画家ジョニー・フリードランデルに師事した。1967年昭和42年)、再びパリに渡り、フリードランデル工房にて銅版画制作を行った。

風間は、東京・中野に自宅・アトリエを持っていた[1]

受賞編集

家族編集

妹は随筆家の十返千鶴子。風間自身は妻とのあいだに3人の息子をもうけた[1]

脚注編集

  1. ^ a b 瀬戸内寂聴 「祇園愛した江戸っ子 風間完」 『日本経済新聞』 平成23年5月29日朝刊